診療時間
09:00 ~ 13:00 / / /
14:00 ~ 16:00 / / / / /
14:00 ~ 19:00 / / / / / / /
  • 休診日:月・日・祝

電話でのご予約

052-955-8211

〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル2F

WEB予約 24時間受付中
キービジュアル

根の治療では治りきらない場合 ~意図的再植術~

2014年12月27日

次回に引き続き、根の治療では治りきらない場合に行う外科処置のひとつ、「意図的再植術」」について今回は詳しく解説していきます。
意図的再植術とは根の先に大きな膿の袋が出来ていたり、通常の根管治療を行ってもなかなか治らない場合に、一度歯を抜いて、細菌感染した病変部を徹底的に除去して元の位置に再度戻す方法です。
歯の根っこの周囲には歯根膜というものが存在し、一度抜いたとしても歯根膜がきれいに残っていれば、また戻した後にくっつくようになります。
<適応症>
1.根の先端に歯根嚢胞などの病変があり、根管治療だけでは治る見込みがない場合
2.歯の根っこが曲がっていたり、大きく開いていたり、先端部が太くなっていない場合=抵抗なく抜歯が出来るような形態である場合
3.治療中に起こったパーフォレーション部が炎症を起こしている場合
4.過去に根管治療済みの歯で、土台が太く、外すと歯が残せなくなりそうな場合
5.過去に根管治療済みの歯で、根の中の薬が外にはみ出していて除去できない場合
<治療の流れ>
1.麻酔をし、歯を抜きます。
2.根の外側の病変部を取り除きます。
3.根管治療が可能なケースの場合それを行い、根の中に根充剤(最終的な薬)を詰め、封鎖をします。
4.歯を元の位置に戻し、縫合して動かないように固定します。
意図的再植術の成功率は80~90%といわれています。
術後数年たってから歯根が吸収して溶けてきたり、歯と骨が癒着することもあるので経過観察が重要です。
当医院では定期的な検診をお勧めしており、長くご自分の歯で噛めるお手伝いをさせて頂いております。
http://www.icco-d.com/

根の治療では治りきらない場合 ~歯根端切除術~

2014年12月27日

前回の記事で、根の治療で治りきらない場合に行う外科処置についてお話ししましたが、今回はその中の「歯根端切除術」について詳しく解説していきたいと思います。
歯根端切除術とは根の先に膿の袋があったりなどの問題がある場合、病巣を含む根の先端を切除する手術です。
<適応症>
1.根の先端に歯根嚢胞などの病変があり、根管治療だけでは治る見込みがない場合
2.根っこが曲がっていたり、根っこの管が狭窄(非常に細くなっている状態)していて器具が到達せず、感染部分を取り除けない場合
3.過去に根管治療済みの歯で、太い土台が入っていたり歯が薄くなっているケースで土台を外すと歯が割れたりする恐れがある場合
4.過去に根管治療済みの歯で根の中に詰めてある薬が外へはみ出していて除去出来ない場合
※急性炎症がある場合や、奥歯で根の先端が骨の表面から遠い位置にあるケースでは出来ない場合があります。
<治療の流れ>
1.麻酔をし、歯ぐきを切り開きます。
2.根っこの先端を機械で切断し、根の周囲に存在する病変とともに摘出します。
3.根を切断した部分を材料で封鎖します。
4.歯ぐきを戻し、縫合します。
◎マイクロスコープを使用してこの手術を行う場合、肉眼では見えない細部まで良く見える為、精度の高い治療が可能です。傷口を最小限に出来るメリットもあり、治りも早いといわれています。
歯根端切除術の成功率は、以前では60%前後と言われていましたが、マイクロスコープ下での場合は90%程度の成功率があるともいわれています。
当医院ではマイクロスコープを使った治療を行い、確実・丁寧な治療を心がけております。
http://www.icco-d.com/

根の治療だけでは治りきらない場合

2014年12月27日

通常、根の先に膿がたまると感染根管治療を行います。それは感染の原因が根の中の汚れにあって、その汚染した根管内をしっかり消毒しなければ状態が改善しないからです。
ところが、この根管治療をどんなに長く行っても一向に状態が改善しない、または治らないケースというのが存在します。
この場合、抜歯という選択肢をすぐに取るという手もありますが、他の外科処置を行って極力歯を保存することが出来る場合があります。
具体的にどのような外科処置があるかと言いますと
1.歯根端切除術
2.意図的再植術
3.ヘミセクション・トライセクション
などが挙げられます。どんなものかと言いますと
1は歯ぐきを切り開いて根の先端にある膿の袋を根の先端とともに外科的に取り除く方法。最近ではマイクロスコープを用い、肉眼では確認できない細部の状態を把握して行えるようになっている
2は歯を一度意図的に抜歯して、取りだした状態で細菌感染した部分を取り除いてから、また元の場所に戻す方法
3は複数根っこがある場合、問題のある根っこだけを切断し抜く方法
大まかに言うと上記のとおりです。
これらの方法は一般的に最後の手段として行われ、これでうまくいかなければ残念ながら抜歯をしなければなりません。
それぞれの治療法において適応症が変わってきますので、それについては個別に詳しく説明していきたいと思います。
当院では他院ではなかなか治らなかった難治性の根管治療でも、最新の技術や丁寧に時間をかけて行う治療により治るケースが多数あります。
根の治療を行っているけれどもなかなか治らない・・・とお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。
http://www.icco-d.com/

歯をぶつけた後に神経の処置が必要となる場合

2014年12月21日

歯を強くぶつけると以下のことが起きる可能性があります。
1.歯が少し欠ける
2.歯が大きく欠けて中の神経が露出する
3.歯の位置がずれる、またはグラグラする
4.歯が完全に抜けてくる
■ケース別外傷歯に対する対処法(永久歯の場合)
1の場合は欠けた範囲にもよりますが、もしほんの少しであれば、欠けて尖った所で唇や舌などを傷つけないように磨くように機械で丸めるか、しみそうなくらいの大きさであれば歯と同じ色のプラスチックの詰め物をします。
2の場合は神経が露出することによって感染が起こってしまってますので、神経を取る治療が必要となります。
3の場合は亜脱臼と言って、歯が半分抜けている状態であり、中の神経は衝撃によって死んでしまっていますので、歯を固定する処置を行って動揺が落ち着いたら神経を取り除く治療を行います。
4の場合はまず、抜けた歯を元に戻し、あとは3と同様の処置となります。
上記のような症状が出ず、見た目何もダメージがないように見えても実は神経が死んでしまっていると言うことがあります。
その場合には数ヶ月たってから歯の色がグレーや褐色に変化してきたり、また歯の根っこの先端に相当する部位の歯ぐきに膿の袋が出来る場合があります。その場合も神経は残すことができませんので神経をとる治療が必要となります。
いずれの場合でも、強くぶつけた場合には自己判断をせず、感染予防のためにも早めに歯科医院を受診することをお勧めします。
http://www.icco-d.com/

歯性上顎洞炎とは

2014年12月21日

前回のブログの記事「根尖病巣を放置していると起こりうること」のなかで触れた「歯性上顎洞炎」についてお話したいと思います。
上顎洞とは副鼻腔という空洞の一部分であり、上の奥歯の根の上の方に存在します。人によってはこの上顎洞の位置が非常に歯の根っこと近く、歯を原因とする感染がこの上顎洞に及ぶ場合があります。
そうすると、副鼻腔炎(いわゆる蓄膿症)と同じような症状が出ます。「歯性」というのは歯が原因となっている、という意味です。
■歯性上顎洞炎を起こす原因としては以下のものがあります。
・根尖病巣から細菌が空洞に入り込む
・歯周病がかなり進行した場合に歯の周囲から細菌が空洞に入り込む
・抜歯後に抜いた穴と空洞がつながる
・抜歯後に抜いた歯が空洞に入り込む
・根の治療において器具や根に詰める薬が根の先端を突き抜けて空洞に入り込む
■歯性上顎洞炎の症状は次の通りです。
・鼻づまり、または鼻から膿が出る
・上奥歯の外側の歯ぐきが腫れたり上から押すと痛む
・頬の部分の圧迫感や鈍痛
・噛むと痛む
・頭を前方に傾けたりすると痛みが悪化する
 
■歯性上顎洞炎の治療は以下のようなものがあります
・抗生剤の投与
・原因となる歯の治療、または抜歯
・上顎洞炎根治術:上記の治療で改善が見られない場合や抜歯した歯が入り込んでしまっている時
歯性上顎洞炎の診断はレントゲンを撮って行います。歯性上顎洞炎の割合は全体の上顎洞炎の2割ほどを占めていると言われています。
根の状態など不安がおありの方はぜひ当医院にご相談ください。
http://www.icco-d.com/

根尖病巣を放置していると起こりうること

2014年12月21日

根尖病巣はできていても慢性の経過をたどっていることも多く、必ずしも痛みや腫れなどの症状を出すわけではありません。
レントゲン上で初めて発見されることも多く、もしくは体調が悪くなった時に免疫が低下したり、何らかの刺激によって急性転化して痛みや腫れを出して気がつくこともあります。もちろん、このように痛みや腫れを出した場合には治療を行うことになりますが、もしも症状がなくて気付かず放置した場合はどうなるでしょうか?
根尖病巣は歯の根っこの周囲に限局した炎症ですが、進行するとその周囲の骨の炎症、歯槽骨炎やもっと広がると顎の骨全体にわたる顎骨炎などになる場合があります。感染が広がるにつれて症状もひどくなり、大きな腫れと強い痛み、また発熱なども伴うようになります。
ひどいケースでは下の顎の場合、感染は顎の骨から口の下の部分、また顎、首の下へと波及し、蜂窩織炎という急性の化膿性の炎症を起こし、それらの部分が大きく腫れあがり、入院しなければならなくなります。
また、下顎の歯の下に走っている下歯槽管(大きな神経と動脈が入っている)に炎症が達すると、この下歯槽管を伝って一気に下顎半分に炎症が波及し、知覚麻痺をおこすこともあります。
上の歯、特に奥歯の場合は根尖病巣があると、歯の上部に存在する大きな空洞、上顎洞(副鼻腔ともいいます)に炎症が波及し、歯性上顎洞炎を引き起こします。その場合、原因となる歯は抜歯をしなければならなくなります。
このように、痛みがないからといって歯に何も問題がない、と自己判断するのはとても危険な場合があります。ですので、定期的にレントゲンを撮って、歯の内部や骨に異常が起こっていないかを確認するのはとても大事なことなのです。
http://www.icco-d.com/

根尖病巣の原因は根っこの内部にある

2014年12月12日

根っこの先に膿がたまる病変を根尖病巣と呼びますが、急性根尖性歯周炎の場合は強い痛みを出したり、根の先の膿が歯ぐきの方まで来て大きく歯茎が腫れたりします。この場合、膿の内圧が高まっている為に強い症状を出しているので、一刻も早く膿の逃げ出す通路を作る必要があります。
方法としては二通りあり、まずは「根っこの管から逃げ道を作る」方法で、中に以前根の治療をした時のお薬が残っているならば、それを取り除くことによって膿がそこから排出されます。
ただ、急性の根尖性歯周炎は歯の痛みの中でも特に強い痛みを出すことで知られ、少し触れただけでも強烈な痛みを出すことが多く、根の中からアクセスしようとしても痛くて患者さんにとって非常に辛い治療になることが多いです。
その場合は「腫れた歯ぐきを切開」して一気に大量の膿を出す方法を取って高まっている圧を解放した方がすぐに楽になる場合があります。
この方法であれば早期に痛みが引くことが多いので、患者さんの中には「もう治った」と認識されてしまう方がいらっしゃいますが、根の先に溜まった膿の原因は歯の内部にある為、放っておくとまた同じことを繰り返すだけになってしまいます。
このようなことを避ける為に、根の中のばい菌を徹底的に取り除く必要がありますが、概して根の治療は期間がかかります。丁寧にやろうとすればするほどかかるものです。
当院では、これまで手探りで行うしかなかった見えない根の中の治療もマイクロスコープを使って明視下で徹底的に行っております。また、ラバーダム法を使い、歯の治療を隔離して行うことにより感染予防に努めております。
http://www.icco-d.com/0515konkanchiryou/

根尖病巣と掌蹠膿疱症との関係

2014年12月12日

根っこの先に膿がたまる病変のことを根尖病巣といいます。
この根尖病巣は放っておくとどんどん大きくなり、いずれ歯をダメにしてしまうこともある厄介なものですが、じつはこの病変は歯だけでなく、口の領域から遠く離れた部分にも影響を与えることが分かっています。
例えば、掌蹠膿疱症という皮膚病との関連が指摘されています。
これは膿が溜まった膿庖と呼ばれるものが手のひらや足の裏に大量に発生する病気で、良くなったり悪くなったり繰り返すものです。
まずは小さな水ぶくれができ、だんだんと膿庖に変化していきます。出始めにかゆみを伴うことがよくあります。その後、かさぶたとなり、皮膚の最表層が剥がれてきます。スネや膝などにも出ることがあります。
この病気は金属アレルギーや、扁桃腺、歯・鼻などに細菌性の慢性炎症があると起こることが多いと分かっています。歯科領域では歯性病巣、とくに根尖病巣との関連が指摘されており、それが主要な原因になっているとも言われ、掌蹠膿疱症の患者さんの根尖病巣の治療開始後比較的早期に皮膚の改善が見られるとの報告もあります。
根尖病巣は慢性の経過をたどっている場合、無症状で経過することが多く、なかなか自分で気づくことはありません。レントゲン写真でははっきりと写ってきますので、定期的に歯科で検診を受け、大きな全体のレントゲンを撮ってそのような異常を起こしている歯がないかを確認していく必要があります。
当院では3カ月に一度の検診をお勧めしており、お口全体のチェック・お口の健康を守るお手伝いをさせていただいております。
http://www.icco-d.com/

急性歯髄炎で麻酔が効きにくい場合

2014年12月12日

歯の虫歯が進んで神経に達してしまった場合、一般的に強い痛みを出します。これは急性歯髄炎を起こしている状態であり、一刻も早く神経を取って痛みを鎮めたいところです。
ところが、このように強い痛みを起こしている場合に限って麻酔が効きにくいことがよくあります。しかも痛みがひどいほど、また長く続いているほど余計に効きづらい傾向があります。
それは次の理由によります。
1.炎症が起こっている組織は酸性に傾くが、麻酔は酸性の環境では効果を発揮しにくい
2.炎症が強い部位は血流が豊富になる為、麻酔をしても血流に乗ってすぐに流されてしまい、麻酔が非常にきれやすい
どんなに麻酔を足したり、麻酔を打つ位置を変えたり、麻酔方法を変えても麻酔が効きにくい場合があります。
そんな時はどうするかといいますと、
1.歯に薬を詰める
2.炎症を抑える薬を飲む
これらの方法で強い炎症が引くのを待ってから次回来院時にあらためて麻酔をし、神経を取る治療を行うか、歯の神経に直接麻酔を打って治療を続けるか・・ということになりますが、神経に麻酔を直接打つという方法はかなりの痛みを伴いますので患者様のご要望をよく確認したうえで慎重にやらなければなりません。
一番いい方法は、そこまで痛くなるまで放っておかず、早期発見・早期治療を行うことです。そのためには定期的に検診を受けることをお勧めします。
当院では3カ月に一度の検診をお勧めしています。
http://www.icco-d.com/

根の治療が難しいと言われる理由

2014年12月7日

根の治療は歯科治療の中で最も難しい治療の一つと言われています。
その理由としては次のものが挙げられます。
1.術者が直視では根の中の状態を見ることができない
 根の管は細く、光を当てたとしても根の入り口付近しか見えないので、従来の保険の治療では根の治療はどうしてもレントゲンの情報や、根の長さをはかる器具、また手探りの感覚に頼らざるを得ません。
また、根の管の感染している部分を取り除こうにも見ることが不可能ですので、どうしても感染歯質を残してしまう可能性が高いです。
2.根の管の構造の複雑さ
 根の管の形態は複雑で、根の枝分かれがあったり、さらには網目状になっている場合も見受けられます。また、根が大きく曲がっているケースもあります。これらの細かい管の構造はレントゲン上ではほとんど確認できません。また、これらの複雑な管の中を器具で完璧に清掃したりするのは不可能であり、薬での消毒効果を期待するしかありません。
3.ラバーダム防湿を行っていないと汚染によりばい菌の数が減りにくい
 歯の治療を出来るだけ無菌的に行うための方法としてラバーダム防湿法と呼ばれるものがあります。この方法を使うか使わないかで根の治療の成功率に大きな差が出ると言われています。ですが、現在の保険診療ではこのラバーダムに対する保険点数が0である為、この方法をとらない医院がほとんどである状態です。
 
当院では感染を防ぐためにラバーダムを使っての治療、また、マイクロスコープやルーペ(テレスコープ)を使って直視では見ることのできない根の細部を確認しながら治療を行っております。
http://www.icco-d.com/0528microscope/

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • MAIL相談

電話での問い合わせ

052-955-8211

医院住所

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル2F

pagetop