診療時間
09:00 ~ 13:00 / / /
14:00 ~ 16:00 / / / / /
14:00 ~ 19:00 / / / / / / /
  • 休診日:月・日・祝

電話でのご予約

052-955-8211

〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル2F

WEB予約 24時間受付中
キービジュアル

インプラントの注意点

2019年5月30日

インプラント治療は、土台となる人工の歯根をあごの骨に埋め込み、一体化するのを待って、人工の歯を取り付ける歯科治療です。
人工の歯根を埋め込むため、ブリッジなどと違って隣接する歯への負担がなく、美しく仕上げることができる高度な治療と言えるでしょう。
しかし、人工の歯と言っても、虫歯や歯周病の心配がないわけではありません。むしろ、粘膜の結合ができないケースがほとんどですので、感染のリスクが非常に高くなってしまうのです。
そのため、歯みがきをきちんと行ってお口の中を清潔に保つことが非常に重要になります。
また、(インプラント治療を行った医師からも説明がありますが、)必ず定期的な検診とクリーニングを行っておかなければ、歯周病や健康な歯の虫歯などが発症してしまうリスクが上がってしまうのです。
もし、インプラントの周囲で歯周病が起こってしまった場合(インプラント歯周炎)、粘膜での防備がないため、インプラントに沿って歯周病菌がすぐに歯根にまで達するため重症化しやすく、インプラントを保持できなくなってしまうこともあります。
インプラントを入れたからと言って、虫歯や歯周病にならないわけではなく、むしろ自然の歯以上に気を付けておかなければいけないということが、もっとも重要な注意点と言えるでしょう。
当院では、噛み合わせの治療や根幹治療を行っております。
気になることがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

被せものが合わない?

2019年5月27日

虫歯治療などで歯を削ったあと、削った部分を補うために、詰め物をします。
補綴物と呼ばれるこの詰め物は、ただ穴を埋めているだけではありません。
治療した痕に細菌が感染して再発するのを防止する蓋の役割と、元のかみ合わせを取り戻すために隙間を埋める役割です。
この2つの役割を確実に果たすためには、歯科医は歯科技工士と連携して、患者様の歯型やレントゲン写真などを使って、正確な補綴物や義歯などを作製します。
そのため、歯科医師の治療技術だけではなく、補綴物のできによっても、予後が違ってくるのです。
補綴物が合わなければ、隙間から細菌が侵入して再発してしまいますし、上下の歯の形にずれがあれば、かみ合わせが悪くなってしまいます。時には、口内を傷付けてしまうこともあります。
そのまま放置しても、決して改善することはありません。むしろ、静かに悪化していきます。最悪の場合、そこから歯周病になり、歯を失うことすらあるでしょう。
もし、補綴物に違和感を覚えたら、遠慮せずに歯科医へ相談してください。
多くの歯科医で、それほど費用がかからずに調整してもらえます。
当院では、一般歯科治療に加えて、歯周病の治療も行っております。
ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

女性は歯周病になりやすい?

2019年5月24日

一般的に、女性は歯周病になりやすいと言われています。
これは、女性ホルモンが影響しているためで、女性ホルモンの分泌量が大きく変わる時期に、特に注意しなければいけません。
特に、「初潮を迎える時期」、「妊娠しているとき」、「閉経の時期」の3つの時期は、ホルモンバランスが大きく変わるため、特に気を付けなければいけません。
最初の2つの時期は女性ホルモンが多く分泌され、歯茎が刺激に敏感になります。そのため、炎症を起こしやすくなっており、歯肉炎になりやすくなっています。そのため、歯みがきをしっかりできず、歯肉炎から歯周病へと進行してしまいがちなのです。
また、最後の閉経の時期は、逆に女性ホルモンの分泌は下がるのですが、更年期などでストレスがたまり、免疫力が落ちて歯周病菌に冒されやすくなってしまいます。また、骨粗しょう症になってしまうと、歯を支える骨も同様にスカスカになりますので、歯周病が悪化しやすくなると考えられます。
これらの時期は、とくに意識して歯みがきを行うなどして、歯周病予防に努めることをおすすめします。歯科医師でクリーニングを受けるのも、効果的です。
当院では、一般歯科治療の他、予防歯科治療も行っております。
ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

歯周病の治療

2019年5月21日

歯周病の予防と治療は、歯科医師にはできません。
重度の歯周病になった場合は、もちろん歯科医が処置して、歯周病の原因菌を除去します。しかし、その後の再発防止と治療は、患者様にかかっているのです。
なぜなら、歯周病の予防と治療は、日々のプラークコントロール(=歯みがき)なのです。
そもそも、歯周病の原因が歯周病菌が歯と歯の隙間や歯と歯ぐきの間にたまって毒素を放出することです。
その毒素によって歯ぐきが炎症を起こし、徐々にむしばまれて歯の根やあごの骨まで侵食するのです。
そのため、歯周病菌を除去して再感染しないようにするのが、予防と治療になります。
ただし、口は常に外界からの脅威にさらされていますので、1週間や1か月に1度の細菌除去では追いつきません。
毎日、歯周病菌を除去する必要があるのです。つまり、歯みがきです。
正しい歯みがきを行って、プラーク(歯垢)となってたまっている歯周病を除去するのです。そうすることで、歯周病の治療と予防を行うことができます。
ぜひ、歯科医師や歯科衛生士に相談し、正しい歯みがきを習って、歯周病の予防と治療を行うようにしましょう。
当院では、一般歯科治療の他、歯周病治療を行っております。
ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

歯周病になりやすい人

2019年5月18日

歯周病配電などでなるものではありませんが、状況によって歯周病になるリスクが高い人と言うのは存在します。
今回は、そんな歯周病になるリスクのある人を紹介します。
もし、あてはまっている場合は、意識して歯みがきするなどして、歯周病予防に努めましょう。
・免疫力が下がっている人
歯周病は最近が感染して起こります。そのため、高齢者や子供、寝不足、ストレスなどで、免疫力が落ちている人は、歯周病にかかるリスクが高いと言えます。
・口呼吸など口が渇いている人
唾液は食事のための消化液の1つと言うだけではなく、口の中を清潔に保つ働きもあります。そのため、口呼吸をしてしまっている人など、口が渇いて唾液の分泌が少ない人は、歯周病菌を除去する働きが弱く、歯周病になるリスクが高いのです。
・歯みがきをしない人
食べかすは歯周病菌の格好の餌です。そのため、歯みがきをしなければ歯周病菌が増えてしまうことになります。歯周病予防の第一歩は、口の中を清潔にすることです。
・タバコを吸う人
タバコに含まれるニコチンは歯茎の血流を滞らせ、歯茎の持つ自然な治癒能力を鈍らせます。また、タールが歯についてしまうと、そこを足掛かりにして歯周病菌が繁殖し、歯垢や歯石を作ってしまうのです。
・やわらかいものばかり食べる人
やわらかい食事ばかりしている人は、自然と噛む回数が減ります。噛む回数が減るということは、唾液の分泌も少なくなるということですので、唾液の殺菌洗浄作用が弱くなるのです。
当院では、一般歯科治療の他、歯周病治療を行っております。
ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

子どものお口のケア

2019年5月15日

ここ数年、歯周病を患っている子どもの割合が上がっています。
これは、食生活の問題もあるかと思いますが、歯みがきの習慣の可能性もあります。
特に小学生の頃は、歯の生え変わりの時期にもなっており、歯並びがガタガタになっており、歯と歯の隙間が多く、形もいびつで歯みがきが難しくなっています。
本来であれば、親が仕上げみがきをして、みがき残しをなくすのがベターですが、親御さんも忙しく、そこまでできないのが現状でしょう。
そのため、子どもにしっかりとしたブラッシングを教えることと、定期的な歯科検診がとても重要になってきます。
特にブラッシングについては、その子の一生にかかわると言っても良いことですので、しっかりと教え込むのが良いでしょう。
歯科検診についても、かかりつけの歯医者を持ち、そこで定期的に歯科検診を受けることで、異常を早期発見できる確率が上がりますので、虫歯になったとしても治せる確率が上がります。
ぜひ、子どものうちから自分の歯は自分で守るという意識を持てるように、家族みんなで歯みがきする癖をつけていきましょう。このとき、歯科衛生士に相談して、正しい磨き方を身に着けるようにもしましょう。そうすれば、お子様は、将来歯科医のお世話になることはほとんどなくなります。
当院では、一般歯科治療の他、予防歯科治療を行っております。
ご不明なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

根管治療中の食事

2019年5月12日

根管治療は、とても複雑で目に見えない歯の根の奥まで殺菌、消毒する治療で、通常の虫歯の治療などよりも時間がかかります。
歯に穴をあけて奥に溜まっている感染源を取り除き、殺菌・消毒して、薬剤の入った詰めものをしたあとに、しっかりと蓋をすることで、ようやく完了です。
ただし、残念ながら、1日で治療が終わることはあまりなく、どうしても何日か通院していただくことになります。
つまり、「治療の途中で普通の生活をする」状態になるわけです。殺菌した根幹に細菌が再感染しない程度に仮の蓋をして、「では、また○○日後に来てください」となるわけです。
そこで問題になるのが、食事です。
蓋をしていると言っても、あくまでも治療中です。そのため、治療している歯で噛むのはリスクがあります。
特に、固いものは避けた方が良いでしょう。
交換治療中の歯は、神経を抜いています。神経が抜かれている歯は、同時に栄養や酸素などが送られる機能も失っていますので、非常に脆くなっているのです。
治療中の歯は、穴があいて薄くなっていますので、余計に脆く、固いものを噛んでしまうと、割れたり欠けたりするリスクがあるのです。(治療が終わっていれば、穴にはきっちりと詰めものがされているため、それほどリスクは高くありません)
また、アルコールは出血してしまうリスクがありますし、タバコも同様に治療中の個所に悪い影響を与えてしまいますので、控えるべきでしょう。
このように、根管治療中は、どうしても制限が発生してしまいますので、注意が必要です。
当院では、根幹治療を行っております。
ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

根管治療の負担

2019年5月9日

できる限り再発しないよう、徹底的に根管治療をするには、どうしても保険適用外での治療になってしまいます。
例えば、治療中に唾液などによって再感染してしまうリスクをなくすラバーダム防湿や、確実に根幹内を確認して処置するためのマイクロスコープなどは、特別な設備や時間がかかりますので、保険適用されません。
これらの施術は、歯科医師が儲けようと思って実施しているのではなく、再発する可能性がとても高い根管の治療を少しでも成功に導こうとしている歯科医師の工夫です。
保険適用内の治療方法のみで対応して、もし再発してしまったら、また同じように苦しい治療を受けなければいけません。何より再発時は治療が難しくなっていることが多く、歯を失ってしまうこともあるのです。
そのため、保険適用時に比べると大きな負担になるかもしれませんが、ラバーダム防湿やマイクロスコープなどを使って、確実に治療することをおすすめします。
根管治療は、ただでさえ難しい治療ですので、最適な設備を駆使し、少しでも成功率を上げていきましょう。
当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不明点がございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

口内環境を整える

2019年5月6日

お口の中には、歯みがきを良くする人でも、約1,000億以上の細菌がいると言われています。(歯をみがかなければ、1兆に達します)
もちろん、すべてが悪い細菌というわけではありませんので、細菌がいることに問題があるわけではありません。
ただ、歯周病は歯周病菌が歯と歯茎の間に感染し、そこで毒素を出しながら増殖することで起こる感染症です。虫歯も同様です。
つまり、お口の中の細菌の数が多ければ、それだけ歯周病や虫歯のリスクが高まるということになります。
そのため、歯周病や虫歯を予防するためには、歯みがきをしっかりすることを基本として、口内環境を整えておく必要があるのです。
前述したとおり、口内環境を整えるための基本は歯みがきです。
それ以外では、歯科医でのクリーニングも効果が高いでしょう。
特に、オーラルケアと呼ばれる口腔内の清掃を目的とした処置では、歯だけではなく、舌や口蓋(口の天井部分)についても清掃を行うことで、口内の雑菌を最適な量まで減らすことができます。
口内環境が整えば、歯周病や虫歯が予防されるだけではなく、口臭を防ぐこともできますので、日々の生活にも良い効果があることでしょう。
当院では、一般歯科治療の他、歯周病治療を行っております。
ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

義歯と口臭

2019年5月3日

虫歯や歯周病は、口臭の原因になります。
また、緊張などによる唾液の減少、空腹などによって、生理的に発生してしまう口臭もあります。
その他、歯垢や歯石なども原因になりますし、胃腸の病気などでも、口臭が酷くなることがあります。
それら口臭の原因の中に、入れ歯や被せもの、インプラントなどの人工歯そのものが原因となる場合があるのをご存じでしょうか?
じつは、人工歯の中でもプラスチック製(樹脂製)の人工歯は、色やにおいが沈着しやすく、毎日きちんと歯みがきしていても、においがこびりついてしまいます。
そのため、入れ歯などの人工歯を着けている人は、長く使っていればいるほど、口臭が気になるようになってしまうのです。
残念ながら、1度吸着してしまった臭いはなかなか取れませんので、人工歯を使っていて、口臭が気になる人は歯科医に相談してみましょう。
また、現在人工歯を着けている人は、口臭が気になるようになる前に、毎日の歯みがきに加えて、消毒するなどのケアを始めることをおすすめします。
当院では、一般歯科治療の他、インプラント治療を行っております。
ご不安な事がございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • MAIL相談

電話での問い合わせ

052-955-8211

医院住所

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル2F

pagetop