«  2019年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年10月16日

歯周病の原因は、歯と歯茎の隙間に蓄積した細菌です。
細菌は粘着質の物質を作り出してプラークとなり、歯に張り付いて増殖するのです。
この時に細菌が毒素を放出するため歯茎が炎症を起こし、歯周病の初期段階へと進みます。

プラークバイオフィルムは歯みがきによって除去することができますが、日々みがき残しなく歯みがきをするのは簡単ではないでしょう。

そのため、少しずつプラークが蓄積されていき、炎症がひどくなることになります。
そして、それが40年近く蓄積したところで、歯周病として発症すると言えます。

つまり歯周病は、歯が生えた瞬間から着々と進行していると病ということになるでしょう。

この進行を抑える方法は、確実にプラークを除去することに尽きます。

そのためにおすすめなのが、歯科医での定期検診です。
歯科医で定期的に検診することで、初期の歯周病が発見でき、早期治療できますし、見つからなければお口をクリーニングしてプラークを圧倒的に減らすことができます。

歯周病予防にこれほど効果的な方法はないでしょう。

お口の症状にご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

2019年10月13日

口内の代表的なトラブルは、歯周病と虫歯でしょう。

この2大トラブルの原因は、口内の細菌です。

歯周病は口内の細菌が歯と歯茎の間の歯周ポケット増殖して、歯茎が炎症を起こしている状態です。
虫歯は糖分を得た口内の細菌が増殖するときに作る酸によって歯が溶かされてしまっている状態です。

つまり、口内の細菌の数をコントロールすることで、口内トラブルの多くを防ぐことができるのです。

そのためにもっとも重要なのは、日々の歯みがきとなります。
日々の歯みがきをきちんと行って口内細菌の数をコントロールすれば、歯周病と虫歯の多くは防ぐことができるのです。

ただし、多くの人が毎日欠かさず歯みがきをしているというのに、虫歯や歯周病で苦しむ患者様は後を絶ちません。

これは歯みがきの質の問題なのです。
正しいブラッシングができなければ、どれほど歯みがきをしても、口内細菌が数多く残ってしまいます。特に、歯と歯茎の間や歯と歯の間などに多く残りますので、結果的にそこから歯周病や虫歯になってしまうでしょう。

そこで、ぜひおすすめしたいのは、歯科医で正しいブラッシングを教えてもらうことです。
正しいブラッシングができれば、理想的な口内環境を整え、歯周病や虫歯を防げます。

ついでに口内のクリーニングも実施してもらえば、口内がさっぱりしてすがすがしい気持ちにもなれることでしょう。

お口のトラブルでご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

2019年10月10日

歯を失ったときに、失われた歯の代替えとして行うのがインプラント 治療です。
根幹治療は、そもそも歯を失わないようにする治療です。

そのため、根幹治療とインプラントは対立する治療方法ではありません。

しかし、中にはインプラント治療と根幹治療で悩む人がいます。
そういった人の中では、自分の歯を諦めてインプラント 治療を行うか、諦めずに根幹治療を行う、といった選択になっているのでしょう。

実際のところは、そんな選択をするのは少しズレています。

重度の虫歯などで歯を失いかねない状態になった場合、安易に抜歯することなく自分の歯を残す方が、その後の生活は良い方向へ進みます。

インプラント は、事故で歯を失った場合や、本当に歯を抜くしかどうしようもないときの希望としての治療なのです。

つまり、インプラントは根幹治療ができない場合の選択肢だと考えるべきかもしれません。

もちろん、審美的な点を考慮してインプラント にするのも良いでしょう。しかし、お口の健康を考慮するのであれば、きちんとした専門の歯科医で根幹治療を受けた方が、予後の状態が良くなることが多いのでは無いでしょうか。

もし、歯を抜くかどうかで悩んでいるのであれば、1度根幹治療の専門医に相談してみてください。

ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.icco-d.com

2019年10月 7日

虫歯治療が嫌いな人は少なくないでしょう。

小さいお子様だけでなく、大人でも良い思い出がないという人は多いです。

でも、実際のところは、虫歯治療そのものに問題があったということはあまり多くありません。

歯医者さんの待合室がシンとして緊張感があったり、診療室から聞こえてくるキーンという音、子どもの患者様の鳴き声が響き渡ったりするマイナスなイメージが、虫歯治療を「怖い思い出」や「嫌な思い出」にしているのです。

そのため、多くの歯科医で待合室を明るく楽しい雰囲気にしていますし、治療器具も改善されています。

なにより、注射針を補足したり麻酔を活用したりして、できる限り痛みが出ないような工夫を行っている歯科医がとても多くなっているのです。

ただし、歯科医の雰囲気や医療器具の進歩だけでは、患者様の恐怖心を払しょくするのは完全ではありません。

赤の他人が口の中に器具を突っ込んで歯を削るという点が、患者様を不安にするのです。

そこで、まずは歯科医と患者様の信頼関係を築いて、患者様が「赤の他人」ではないと感じていただくことが重要でしょう。

歯科医は患者様が分かる言葉で治療方針などを説明し、患者様も忌憚なく質問などをしていただきますが、これまでの歯科医ではそこまででした。

そこから発展する「診療とは直接関係ない何気ない会話」を積み重ねて、お互いの信頼関係を培わなければいけません。

歯科医は、患者様のお口の中を健康にすることを目的としている味方です。
ぜひ、歯科医の雑談にもお付き合いください。

ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

2019年10月 4日

根幹治療というのは、虫歯や歯周病が進行して歯の根にまで達してしまった場合に行う治療の1つです。

歯の根には歯に栄養を送り届ける血管や神経が格納されており、そこまで進行すると歯痛が発生します。ほぼむき出しの神経に炎症が起きますので、その痛さは相当にひどいものです。

根幹まで感染が広がった場合、再優先の対処は患者様の痛みを取り除くことですので、歯科医のほとんどは細菌に冒された神経を除去する選択をするでしょう。

俗に「神経を抜く」という処置で、患部の神経を除去してしまうと何も感じられなくなりますので、噓のように痛みがなくなります。

痛みがなくなったので治ったと勘違いされる患者様もいますが、神経を抜くのは根幹治療の最初の段階が完了しただけなのです。

このあと、神経を除去したあとの細くて曲がりくねった根幹内に残った組織や細菌を除去し、綺麗に洗浄しなければいけません。もしそのまま放置してしまうと、根幹内に残った細菌が繁殖し、よりひどくなってしまうリスクがあるのです。

問題のない歯をいじられるような感覚に陥ってしまうかもしれませんが、痛くないといってももう健康な歯ではありません。

歯科医の指示に従い、最後まで治療を受けるようにしましょう。

当院では、一般歯科治療の他、根幹治療を行っております。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

2019年10月 1日

歯周病は、ひどくなると歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

そこまでひどくならなくても、「歯茎からの出血」や「口臭がきつくなる」、「歯がグラグラする」などの症状があり、生活に支障が出ることも少なくありません。

しかし、歯周病でそんな症状が現れるのは、もうすでに重症化したあとなのです。

歯周病は初期から中期あたりの段階ではほとんど自覚症状がなく、目で見て気付くことすらほとんどありません。

そのため、多くの人が重症化してから来院されることになり、健康な状態に戻すために何度も通っていただくことになってしまうのです。

じつは歯周病は、初期の段階で治療すれば、短期間で痛みもなく治療することができます。

つまり、歯周病に気付くのが早ければ早いほど、簡単に治療することができるのです。

しかし普通に生活していても、初期の歯周病に気付くことはできません。

そのため、ぜひおすすめしたいのが、歯科定期検診です。

歯科定期検診に受けていれば、歯科医が初期の歯周病に気付くことができ、その場で治療することができます。

ぜひ、ご検討ください。

ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

2019年9月28日

子どもの虫歯の原因は「甘いものの食べ過ぎ」だけではありません。

ご存知の通り、食後の歯みがきが重要なのです。

歯みがきをしなければ、甘いもの以外のどんな食事でも虫歯の原因になるのです。

「そんなことは分かっている。うちの子は毎食後きちんと歯みがきしていたのに虫歯になった」
という親御さんもいらっしゃるでしょう。

もしそういった場合、虫歯治療を行っている歯医者さんで行われる歯みがき指導をもとに、念入りに歯みがきをする癖を付けましょう。

力を入れてみがくのではなく1本1本丁寧にみがいて歯と歯の隙間や歯と歯茎の間に残った食べかすや歯垢を除去すれば、虫歯にはなりません。

特に小学校2年生や3年生にもなると、親御さんが仕上げみがきをすることはなくなります。その時がもっとも危険だと言えます。

それまでに丁寧に歯みがきをする癖を付けるか、親御さんがみがけているかをチェックして、時には仕上げみがきをしてあげるくらいやれば、虫歯のリスクを大きく下げることができるでしょう。

しかし、実際問題そこまでできないと思います。

そんな場合は、歯科定期検診を受けるようにしましょう。

3か月に1度程度でかまいませんので、歯科医で歯の状態を確認し、歯垢や歯石を除去するクリーニングを行うだけで、だいぶん違ってきます。

それに、もし虫歯の兆候があれば、早期に治療を行うので、虫歯の痛みを感じることなく治療を済ませることもできるのです。

ぜひ1度、かかりつけの歯科医にご相談ください。

ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

2019年9月25日

「一般歯科」は、歯科医師の資格があれば誰でも標榜することができます。

そのため、歯科医院であれば必ず一般歯科と言っても過言ではありません。

具体的には、一般歯科というのは、虫歯や歯周病、矯正や口腔内のいろいろな症状対応できますし、子供から大人まですべての年代の人の治療を行う何でも屋に近い分類と言えます。

ただし、歯科医にも得意不得意や目指す方向というものがありますので、患者様の症状によっては治療がうまくない場合もあるでしょう。

そこで歯科医は、実績があれば、以下の3つを標榜(広告などに使う)できるようになりました。

・(一般)歯科
・矯正歯科
・小児歯科
・歯科口腔外科

また、これらだけではなく、相応の条件をクリアすることで、次の5つの専門医についても標榜できます。

・口腔外科専門医
・歯周病専門医
・歯科麻酔専門医
・小児歯科専門医
・歯科放射線専門医

これらの標榜を指標にすることで、患者様は自分に適した歯科医を選ぶことができるでしょう。

ただし、どれにも当てはまりそうにない虫歯の治療などであれば、どの歯科医でも治療することができるということですので、選り好みして手遅れにならないようにしましょう。

ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

2019年9月22日

重度の虫歯などで歯の根にまで感染が広がると、あごの骨にまで感染が広がって骨が溶けてしまいます。

一般歯科では、それ以上の感染を防ぐために歯を抜いてしまうことがほとんどです。

しかしそれは自分の歯を失くしてしまうことになりますので、できれば避けたい人もいるでしょう。また、歯科医の多くも自分の歯をできるだけ残すことを推奨しています。

そこで、歯の根にまで感染した細菌をきれいに除去して歯を残す根幹治療を行うわけです。

しかし、根幹治療の難易度はとても高く、気付かないうちに再発してしまって歯が抜け落ちるほど重症化することも少なくありません。

そんなリスクを冒してでも自分の歯を残すことが推奨されるのは、抜歯した場合に使用する入れ歯などによる食事への影響にあります。

どれほど精巧な入れ歯でも、異物です。
使っていれば慣れるといっても、自分の歯には及びません。食事への影響は避けられないのです。

食事は健康な生活の要です。
生活の質を下げないようにするためには、その食事に影響が出ないよう自分の歯を残すのが最善の方法なのです。

また、自分の歯と入れ歯の寿命の違いもあります。

入れ歯もメンテナンスをきちんとしていれば長期間使用できますが、ほとんどの場合は10年程度が限界と言われています。

もちろん、自分の歯も日々の歯みがきをきちんとしなければいけませんが、それでも入れ歯よりは長持ちする可能性が高く、それだけ健康な生活を維持できることになるわけです。

一般歯科で抜歯をすすめられた人は、1度根幹治療を検討してみても良いかもしれません。

ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

2019年9月19日

歯に茶色い汚れがつくと、目立ってしまい、見た目が悪くなり、気になりますよね。

歯の着色汚れは、コーヒーやタバコによって付着するイメージが大きいかもしれませんが、それだけではありません。

誰もが、日常的に飲食しているものでも、着色が付く事があります。
例えば、醤油・ソース・ケチャップなど、色の濃い調味料や、
ブルーベリーやぶどう等の果物、チョコレートやカレーなど色の濃い飲食物でも着色が付きます。

これらは、誰でも摂取する事があるものですよね。
着色の付きやすさには個人差がありますが、コーヒーやタバコの嗜好がなくても、着色は付くものです。
子供でも付く事があります。

着色が付いていると、見た目が悪くなるだけでなく、着色部分にプラーク等の汚れが付きやすくなるので、定期的に着色除去をするようにしましょう。

着色除去は、歯科医院で簡単に行う事ができます。
市販のケア用品でも、着色除去をうたっている商品はありますが、使用方法を誤ると、歯を傷つけてしまう心配があります。
まずは、歯科医院に相談する事をおすすめします。

ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
一壺歯科医院

一壺歯科医院

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。 <症例に関して> ※治療費用に関しては料金表をご覧ください。 ※Webサイト内でご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

一壺歯科医院
http://www.icco-d.com/

採用情報

採用情報