«  2019年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年12月 6日

歯周病というと、40代や50代の病気というイメージがあるかもしれません。

確かに、40代や50代の人は歯周病になっている割合が高くなっています。
しかし、じつは15歳くらいの人も歯周病になっているのです。

厚生労働省が平成28年に実施した歯科疾患実態調査によると、初期の歯周病の目安となる歯周ポケットの深さ4mm以上の人は、15歳から19歳の人で6.1%もいるのです。おおよそ20人に1人、クラスに1人程度は歯周病になっているという計算になります。

歯周病は中年以降になる病気ではなく、若くても簡単になってしまう病気というわけです。

歯周病というのは、歯と歯茎の間にある歯周ポケットに歯垢がたまることで始まります。
歯垢がたまることで歯茎が炎症を起こし、歯周ポケットが深くなり、余計に歯垢がたまって症状が悪化していきます。

つまり、歯垢がたまって症状が悪化するのにある程度時間がかかるので、中年以降に発症することが多かっただけと言えます。

日々の食事が柔らかくなって唾液の分泌が少なく、食事による歯の洗浄作業が以前よりも悪くなったことで、今は昔よりも歯垢がたまりやすくなってしまっています。

そのため、日々の歯みがきを怠っていたり、うまくできていなかったりすれば、若い人でも歯周病になるリスクは十分にあるわけです。

年齢に関係なくリスクは存在します。

お口の症状でご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

http://www.icco-d.com

2019年12月 3日

歯科治療では、様々な麻酔を使って患者様の痛みを軽減しようとしています。
その結果、多くの患者様が「まったく痛くなかった」「寝ているうちに終わった」「思ったより痛くなかった」という感想を持っているのです。

そんな麻酔を使った歯科治療での注意点について、説明しましょう。

もっとも注意しなければいけないのは、治療後です。
麻酔は治療後もしばらく効いていますので、気が付かないうちにお口の中を傷つけてしまうことがあります。

また、治療跡を舌でいじってしまってせっかく閉じている傷口が開いてしまうこともあるかもしれません。

もし、麻酔を使った治療を受けたら、麻酔が切れるまではおとなしくしておきましょう。できれば食事もしないようにしてください。

麻酔は長いものでも6時間程度、一般的には3時間ほどでできますので、それまで我慢してください。

また、麻酔を使うほどの治療では、出血を伴っています。そのため、アルコールや激しい運動をすると大量の出血が起こることもあります。
麻酔が切れるまでは、おとなしく安静にしておくに限ります。

これらのことは、治療前と治療後に歯科医から説明されるはずですので、しっかりと聞いて従うようにしましょう。

他院での治療でもご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

2019年11月30日

根管治療は歯科治療の中でも高度で難易度の高い治療の1つです。
そのため、他との治療に比べて失敗して再発する確率も高く、治療を受ける歯科医を選ぶのは慎重にしなければいけません。

不幸にも根管治療後に再発すると、歯を失ってしまうことが多いのですが、じつは改めて根管治療を行うことで歯を失わずに済んだ人もいます。

そういった人たちの共通点は、早めに気付いてご来院されたということです。
どれほど優秀な歯科医であっても、次のように重篤な状態になっている場合は対処できることが難しいのです。

・歯の根にできた病巣が大きくなり、歯に穴を開けるなどして歯周ポケットにまで広がってしまっている場合

つまり、病巣が根管内だけにおさまらないほど大きくなった場合です。

口内を無菌状態にすることはできませんので、根管内を消毒殺菌したところで外部から再感染するだけのため、根管治療は効果がありません。

ここまで進行してしまうと、病巣となっている歯を除去してしまう方法以外に治療法がなくなってしまいます。

根管治療を受けた方は、今まで以上に歯みがきをして、行ってプラークコントロールをして、気になることがあったら早めに歯科医へ相談するようにしましょう。

お口の中にご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

2019年11月27日

ひどい虫歯や歯周病で抜歯を勧められた人でも、歯を残しておくことができる治療が根幹治療です。

歯の根の奥にまで細菌が感染して、歯の周囲の骨にまで影響がでているような状態でも、歯を抜く必要がないのです。

しかし、どんな症状の歯でも残すことができるわけではありません。

例えば、歯の根が割れてしまっている歯(歯根破折歯)を残すことは非常に困難です。

歯の中に感染していた細菌が歯の根の割れ目から歯を支えている組織や骨にまで感染してしまっています。それらを綺麗に除去するということは、歯を支えている部分を除去するということです。

それに、歯の感染している細菌を除去するためには、歯に開いている穴を広げなければいけません。
そもそも割れている歯を削るわけですから、余計に割れてバラバラになってしまうリスクがとても高いのです。

そういったことから、歯根破折歯の場合は歯を抜いてしまう方が良い場合もあるのです。

歯科医もできる限り患者様の意向に沿う治療を検討しますが、無理して体にダメージを与えては意味がありません。

歯科医の説明に納得のいかないところがあれば、しっかりと質問してください。できる限り最善の方法を提案してくれることでしょう。

お口の健康でご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

2019年11月24日

プラーク(歯垢)は、歯周病や虫歯の原因です。
一般的にプラークはネバネバとした粘着質で、うがいなどでは決して落とすことができません。舌で触ると、ザラザラした感触になっています。

そんなプラークはどういった流れでできるのか、ご存知でしょうか?
今回は、プラークのでき方についてご紹介します。

・第一段階
最初の段階は、歯みがきのあと数分でできあがります。
歯の表面に唾液のタンパク質成分が吸着して、ペリクルという薄い膜を作ります。

ペリクルは歯の再石灰化を促し、酸に対する防御を行うため、この段階は健康で良い状態です。

・第二段階
ペリクルの表面に、口内の善玉菌や連鎖球菌などの常在菌が付着します。
8時間程度はこの状態が続きます。歯の表面を覆ってしまいます。
これらの細菌は虫歯の原因菌などに対抗するものですので、この段階でもまだ健康な状態と言えます。

歯の表面をこすると粘り気のない白い歯垢がとれますが、良性の歯垢と言えるものです。

・第三段階
善玉菌が歯の表面を覆ってしまったあと、その上にかぶさるようにして悪玉菌たちがやってきます。
ここで善玉菌と戦うことになり、悪玉菌の数が多ければ善玉菌に勝ち目はありません。

善玉菌を圧倒した悪玉菌は、ネバネバとした物質を作り出して、自分たちの安全地帯であるバイオフィルムを作ります。
48時間程度経てば、彼らの安全地帯は完成します。
プラークの完成です。
ネバネバの安全地帯の中は快適で、悪玉菌たちは増えていくと同時に酸や有害物質を作り出していきます。
これらの酸や有害物質が、歯や歯茎にダメージを与え、虫歯や歯周病が始まるのです。

・第四段階
第三段階を放置していると、バイオフィルムが口内のカルシウムを吸収して硬化し、1ヶ月程度で歯石を形作ります。
こうなると、歯みがきでは除去することができず、悪玉菌たちはやりたい放題の状態になるでしょう。

プラークができるのを防ぐには、第三段階に入る前(8時間以内)の歯みがきが重要です。


ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

2019年11月21日


歯を失った場合に行う治療には、インプラントやブリッジ、入れ歯があります。

しかし、それら以外にも有効な選択肢がありますので紹介しましょう。

それは、「象牙移植」です。

象牙移植というのは、失われた歯の代わりに自分の歯を移植する治療で、親知らずやかみ合わせの問題から使われていない歯を抜いて移植することで行います。

自分の歯を抜いて移植しますので、体が拒否反応を示すことがほぼなく、自然に馴染んでいきます。生きている歯を移植しますので、インプラントにはない自然治癒力もあり、患者様に優しい治療と言えるでしょう。

しかし、そんな象牙移植はインプラントよりも治療ができる条件が厳しくなっています。

そもそも、移植すべき歯がなければいけません。
また、移植するために抜いた歯の根に歯根膜という歯が付着していなければ、移植したあとに歯が定着できません。

当然、移植する歯の大きさとスペースの関係もある程度一致していなければいけないでしょう。

しかし、これらの条件をクリアしてしまえば、自分の歯がまた生えてくるような治療になりますので、おすすめします。

どちらにしろ、安易にインプランを行うのではなく、様々な可能性を考慮してくれる歯科医を選ばなければいけません。

ぜひ、かかりつけの歯科医に相談してみてください。

なにかお口の中にご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。 http://www.icco-d.com

2019年11月18日

「虫歯の治療は痛い」というイメージはないでしょうか?

状況によっては正しいですが、じつは歯科治療のほとんどはそれほど痛くない治療なのです。

もちろん、口の中をいじられるわけですから、他の外傷の治療に比べれば不快になるかもしれません。しかし、痛みだけをみるとそれほどではありません。

では、なぜ「痛い」というイメージが定着しているのでしょうか?

それは「虫歯は自覚症状なく進行する」ことが原因です。


残念ながら、虫歯が進行してしまうと痛くない治療が難しくなってくるのです。
しかし、前述の通り虫歯は自覚症状なく進行するため、気がついたときには重症になっており、痛みを伴うことのある治療しかできなくなってしまいます。

歯科治療の進歩で以前に比べれば痛みのない治療ができる症状は増えています。しかし、進行した虫歯には太刀打ちできません。

虫歯治療の痛みを避けるもっとも有効な方法は、早期発見早期治療です。
いまでは、早期に発見すれば、ほぼ無痛で治療することも難しくありません。

なんともないときに1度歯科医で診てもらうのも、良いかもしれません。ぜひかかりつけの歯科医へ相談してみてください。

ご不安なことがございましたらお気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

2019年11月15日

お子様が事故などで歯を失った場合、親御様の中にはインプラント治療を要望される方がいます。

しかし、お子様にインプラント治療をすることはありません。

それは、子供の顎が成長しているからです。

インプラントは顎の骨に人工の歯根を埋め込む手術です。
もし成長期の子供の顎にインプラントを埋め込んでしまうもと、成長とともにインプラントの位置も動くことになるでしょう。
そうなれば、隣の歯とぶつかるなどしてかみあわせがずれますので、インプラントの付け替えや歯を削るといった無茶な処置が必要になります。

このリスクは顎が成長しているあいだじゅう続きますので、子供にインプラント治療をするのは危険なのです。

そのため、お子様が歯を失った場合は、子供用の義歯や、歯を失った場所に隣の歯が移動してくることが無いように押さえる装置などをつけることになります。

ただし、上記の通り「成長している限りインプラント治療は危険」ですので、○歳以上なら可能というわけにはいきません。
お子様の身長の伸びから完全に止まったという状態になって初めて、このリスクがなくなるのです。

もし、お子様が歯を失った場合は、歯科医に子供の成長状態を伝え、歯科医の指示に従いましょう。

お子様のお口にご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

2019年11月12日

歯周病は自覚症状がなく進行し、放っておけば歯を失うことになる恐ろしい病気です。

そんな歯周病を予防するためには、正しい歯みがきがとても重要になります。
しかし、多くの人が正しい歯みがきができていないのが現状です。

そこで今回は、正しい歯みがきのポイントを紹介しましょう。

・歯ブラシの毛先を歯垢が残りやすい場所にあてる
歯と歯の間、歯と歯茎の間、奥歯の奥など、意識しなければ歯ブラシの毛先が当たらないところがあります。
そういったところこそ、重点的にみがかなければいけません。

・軽く小刻みに動かす
歯みがきに力はいりません。方向も特に決まっていません。
歯にへばりついた歯垢を除去するイメージで、軽い力で小刻みに動かすことが重要です。

・時間をかけて丁寧に
毎回ではなくとも1日に1回位は、5分以上かけて歯みがきしましょう。
可能であれば1本あたり1分、計20分程度はかけてみがけば万全です。

・いつみがいても良い
食後と就寝前にみがくのが、忘れにくいと思いますが、起床時や食前にみがいてもかまいません。
重要なのは、歯垢がたまらないようにすることです。
ただし、就寝前には必ずみがきましょう。

お口の健康にご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

2019年11月 9日

歯周病は、歯がグラグラしたり歯茎から血が出たりして、最終的には歯が抜け落ちる恐ろしい病気です。

そんな歯周病と診断されてしまった場合、どんな治療が行われるのか気になる人もいるかもしれません。

今回は、歯周病の基本的な治療方法を紹介しましょう。
歯周病の進度によって他の治療を行うことがありますが、まずはこれから紹介する治療を行うのが基本とされています。

1. プラークコントロール
歯周病の原因となる歯垢や歯石を除去します。特に歯と歯茎の間の歯垢や歯石を重点的に除去しなければいけません。
軽い症状の場合は正しい歯みがきの手順を説明しますので、ご自分で実施いただきます。
歯垢や歯石が多い場合は歯科医が専用の機器を使って歯垢や歯石を削りとるスケーリングや歯の表面ごと削りとるルートプレーニングを行います。

2. かみ合わせの調整
歯周病が進行していると歯がぐらついて動いてしまいます。そのままにしていると歯に負担がかかって症状を悪化させることになりま。
そのため、かみ合わせの調整や接着剤で止めるなど、これ以上ぐらつかないような処置を施します。

これらの治療を行って症状が改善すれば、歯周病の治療は完了となり、定期検診で再発を防ぐ予防措置へと移行するのです。

歯周病などについてご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.icco-d.com

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
一壺歯科医院

一壺歯科医院

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。 <症例に関して> ※治療費用に関しては料金表をご覧ください。 ※Webサイト内でご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

一壺歯科医院
http://www.icco-d.com/

採用情報

採用情報