診療時間
09:00 ~ 13:00 / / /
14:00 ~ 16:00 / / / / /
14:00 ~ 19:00 / / / / / / /
  • 休診日:月・日・祝

電話でのご予約

052-955-8211

〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル2F

WEB予約 24時間受付中
キービジュアル

虫歯にならないために ~乳幼児の虫歯予防~

2014年9月30日

前回のブログで、予防の大切さについて書かせて頂きましたが、実はひとことで予防といっても、その年代によって、予防の仕方や、気を付けなければいけないポイントが変わってきます。

年代の分け方としては、

 1、乳幼児
 2、小学生~中学生
 3、高校生~20代
 4、30代 ~50代
 5、60代以上

という具合に分けられるかと思いますが、本日はその中の「乳幼児の予防」について書かせて頂きます。

乳歯は一般的に、生後6か月後ぐらいから生えてきて、3歳ぐらいまでには生えそろいます。

このころに注意しなければけないことは、親や、家族の虫歯を移さないように注意する事。そして、歯磨きの習慣を身に着けさせる事です。

歯磨きの注意点としては、

1歳ごろまで
保護者の方が、ガーゼ等でやさしく拭き取ってあげる程度で大丈夫です。

2歳ごろ
奥歯に溝が出来てきます。そこは非常に虫歯になりやすい場所ですので、保護者の方がしっかりと磨いてあげましょう。

3歳~6歳
自分で歯ブラシを使えるようになります。とは言え、自分だけでしっかりと磨くことは不可能なので、保護者の方が仕上げ磨きをしてあげて下さい。

また、この時期の虫歯予防としては、フッ素を使ってあげることが非常に効果的です。

ご家庭で使うものですと、フッ素入り歯磨き粉やフッ素ジェル、スプレータイプのフッ素など、様々な商品がありますが、選び方としては、出来るだけフッ素の濃度の高いものを選ぶと良いです。

歯科医院で使用しているフッ素は、家庭用商品に比べて10倍~20倍の濃度がありますので、年に4回程度塗るだけで充分な効果が期待できます。

未来あるお子様のためにも、親御さんと歯科医師が協力し合い、ホームメンテナンスと定期健診の習慣を作っていく事をおススメいたします。

当院の予防に対する考え方はこちら
http://www.icco-d.com/0525preventive/

なるべく歯を残す ~予防について~

2014年9月29日

なるべく歯を残すためには、治療の精度を高めるという事ももちろんですが、しっかりとした予防プログラムを実践することにより歯を健康に保ち、治療の回数を減らすという事も重要になってきます。
なぜなら、一度削ってしまった歯は、一度も削っていない完全な歯と比較すると、明らかに脆く、弱くなっているからです。
厚生労働省の統計によると、歯は5回治療を繰り返すと、6回目の治療で抜歯になるというデータが出ており、一般的なケースとしては
1回目 小さい虫歯ができて、詰め物をする。
2回目 詰め物と歯の間が虫歯になって、銀の詰め物にする。
3回目 銀の詰め物の下からさらに虫歯になり、銀歯をかぶせる。
4回目 銀歯の下が痛むので神経を取って、再度銀歯をかぶせる。
5回目 歯の根っこが感染し、再度根管治療を行う。
6回目 抜歯
というような経緯になるようです。
更には、一つ歯が抜けてしまうと、
・ブリッチにして隣の両隣りの歯を削る→中が虫歯になる→5回の治療を経て抜歯になる。
・隣の歯にバネをかけ、部分入れ歯にする→隣の歯へ大きな負荷がかかり、抜歯になる。
という具合にどんどん抜歯が進んで行ってしまいます。
つまり、なるべく歯を残すためには、虫歯にならないようにすることはもちろん、各治療を適切に行ってあげること。そして、この悪循環を断ち切るために、患者さん自身もしっかりと意識を持って、予防に取り組むことが必要です。
当院では、3ヶ月に1回の専門家による定期健診により、患者様の健康な歯を守るお手伝いをさせて頂いております。
http://www.icco-d.com/0525preventive/

再治療を防ぐ ~ラバーダムについて~

2014年9月26日

患者様の中には、ラバーダムという言葉を知らない、または言葉は知っているけれども実際にラバーダムを使用した治療を受けたことが無いという方も多いのではないでしょうか?
ラバーダムとは、根管治療などを行う際に歯にかけるゴムのシートのようなもので、根管内に細菌が侵入したり、治療の際に使う薬液から粘膜を保護したりするのに使用します。
一般的には馴染みが無いかもしれませんが、歯科医師であれば誰でもその必要性、有効性を理解しているはずです。
特に根管治療においては、ラバーダムを使用する場合としない場合では治療の成功率に大きな差が出てきます。
具体的には、
 ラバーダムを使用した場合 : 約90%(初回治療時)
 ラバーダムを使用しない場合: 約50%以下(初回治療時)
と、圧倒的に使用した場合の成功率が高くなります。
では、なぜ一般的にラバーダムが使われてないのでしょうか?
それは、日本の保険医療制度の問題が大きいと思います。
日本の保険医療制度では、根管治療における保険点数が低く設定されているため、歯科医院の経営を成り立たせるためには、よりスピーディーに治療をこなさなければいけません。
また、平成20年の保険改正により、ラバーダムの保険点数自体が廃止され、実質無料となってしまったため、歯科医院側からすると、ラバーダムを使っても使わなくても、入ってくるお金は一緒という事になりました。
過当競争がますます厳しくなっていると言われている歯科医院経営において、時間や材料を節約しなくては成り立たない状態になっているも事実です。
それゆえ、本来、患者様のためには使うべきという事が解っていながら、出来ていない歯科医院も多いのではないでしょうか。
非常に残念なことだと思います。
このような中、患者様も、医院選定を含め、自分の歯は自分で守らなければいけないという事をしっかりと自覚する必要があるのではないかと思います。
治療を受けられる際は、事前にホームページ等でしっかりと情報を調べた上で、信頼できる歯科医師にご相談されることをおススメいたします。
当院では、患者様にとって理想の歯科医院であるよう、常に患者様主体の治療を行っております。
http://www.icco-d.com/10message/

根管治療の失敗 ~穿孔(パーフォレーション)について~

2014年9月23日

根管治療は、歯科の治療としては非常に一般的で、日常良く行われている治療ではありますが、実は、歯科医療の中で最も難易度が高い治療であるとも言われております。

それゆえ、根管治療の失敗により再治療、再々治療、最悪は抜歯になってしまう事も珍しくなく、現に、日本の保険制度で根管治療を行った歯の、2年後の保持率は50%以下とも言われております。

再治療、再々治療、もしくは抜歯になってしまう原因は、主に以下のものが挙げられます。

1、乱暴な治療により、歯の根っこの部分に穴をあけてしまった事。
2、虫歯菌に侵された部分がしっかりと取り除けていなかった事
3、薬剤のつめ方が不十分。根までしっかりと薬を詰めることが出来なかった事。

本日は、上記のうちの1、についてお話しいたします。

歯の根っこの部分に穴を開けてしまうことを穿孔(パーフォレーション)と言い、タービンなどで歯を削っている時や、リーマーやファイルと言った機器で根管治療を行っている際などに、誤って起こしてしまうケースが多いです。

この、「穴が開く」事自体にはそこまで問題はないのですが、その穴から根っこの外にバイ菌が行ってしまったり、歯周ポケットと繋がってしまったりすると、以下のような症状が現れ、再治療が困難になります。

●穴から外にバイ菌がいってしまった場合
 ⇒歯の根に病気が出来てしまった時と同じ症状
   叩くと響くように痛い、根の辺りを押すと痛い、脈に合わせてズキズキ痛む、持続的に痛む等

●歯周ポケットと繋がってしまった場合
 ⇒歯周病と同じ症状
   歯ぐきから血が出る、歯ぐきから膿が出る、歯ぐきが腫れる等

パーフォレーションが見つかったとき、多くの場合は抜歯宣告を受けてしまいますが、MTAという特殊なセメントを用いて穴を塞ぎ、神経を保護することによって、歯を残すことも可能になりました。

MTAは健康保険では使えない材料のため、自費治療となりますし、どこの歯科医院でもやっているわけではありませんが、ご自身の歯を残せる可能性があるのであれば非常に価値の高い治療法だと思いますので、一度、ご相談してみても良いかと思います。

当院では、MTAによる治療はもちろん、パーフォレーションがおこらないよう、マイクロスコープによる細部にこだわった精密な治療を提供しております。
http://www.icco-d.com/0528microscope/

なるべく歯を抜かない治療 ~ 歯冠長延長(クラウンレングスニング)~

2014年9月21日

前回のブログで、大きな虫歯などで歯肉より上の歯がほとんどなくなってしまった場合に、歯根挺出(エクストルージョン)という方法で歯を残せる場合もあるというお話をさせて頂きましたが、本日はもう一つの方法、歯冠長延長(クラウンレングスニング)についてお話しさせて頂きます。
クラウンレングスニングとは、虫歯や歯が割れた部分が歯肉よりも下の部分まで及んでいた場合に、歯ぐきや歯槽骨を削ることによって、虫歯や歯が割れている部分を歯肉縁上に出す治療法のことです。
この治療の目的は、前回ご紹介したエクストルージョンと同じく、虫歯や歯が割れている部分を歯肉縁上に出すことによって、精密な印象採得を行ったり、細菌感染を起こしにくい環境を作り、歯を残す事にあります。
反面、デメリットとしては、
・前歯に対してこの治療を行った場合、歯肉、歯槽骨を削ることなるので審美性に障害が生じる。
・治療後に歯根が露出してしまい、知覚過敏や 根面カリエス(根面う蝕)が出る場合がある
と言った事が挙げられます。
前回ご紹介したエクストルージョンも含め、ご自身にとってどのような治療法がベストかは、患者様の状態、ケースにとってさまざまです。
信頼できる歯科医師を見つけ、ご相談される事をおススメ致します。
当院では患者様の要望にお応えできるよう、「質」にこだわった治療を行っております。
http://www.icco-d.com/10message/

なるべく歯を抜かない治療 ~歯根挺出(エクストルージョン)~

2014年9月19日

虫歯が大きく、歯肉の中まで虫歯が広がってしまったなどで、歯肉より上の歯がほとんどなくなってしまった場合、ほとんどの医院様からは抜歯を提案されるかと思います。
なぜなら、そのような状態になると、歯の上に歯肉が覆いかぶさってしまい、かぶせ物をする際に精密な印象が取れなくなったり、細菌感染のリスクが高まったりするため、結果として、一時的に治療して良くなったとしても、すぐにまた問題が発生することが容易に想像できるからです。
このようなケースの場合、条件にもよりますが、歯根挺出(エクストルージョン)と呼ばれる方法や、歯冠長延長(クラウンレングスニング)と言った技術を使って歯を残せる可能性もあります。
本日は、このうちの、歯根挺出(エクストルージョン)についてお話しさせて頂きます。
歯根挺出(エクストルージョン)とは、矯正の技術を使って、歯肉に埋もれた歯を引っ張り上げる方法です。
歯を歯肉より上に引っ張り出すことが出来れば、それを土台に適合性の高いかぶせ物を作ることが出来ますので、歯を残せる可能性が格段に高まります。
もちろん、歯が歯肉の中に埋もれていても、人工の土台(コア)を入れてその上にかぶせ物をかぶせることも可能なのですが、 土台として接触する象牙質の部分(フェルールと言います)が多ければ多いほど、歯へのダメージが少なく、予後が良いとされており、うまく出来れば、抜歯宣告された歯でも10年以上機能させることも可能です。
このように、抜歯が必要と言われた歯でも、条件によっては、残すことが可能なのですが注意点としては、
・歯を少しづつ動かしながら行うので、治療期間が長くかかる。
・引っ張り上げた分、歯の根が短くなるので、かみ合わせを支える力が弱くなる。
・歯を動かすのと同時に歯肉も上がってしまうので、後日、外科処置が必要になる場合がある。
といった事が挙げられます。
また、上記の治療は、健康保険の適用にならない上、この技術を取得している歯科医師も少ないという事もあり、一般的に行われる治療ではございません。
更に、どんな歯にも適用できるというわけではありませんので、一度信頼できる歯科医師に相談してみることをお勧めいたします。
当院では患者様の「歯を残したい」という要望に応えられるよう、常に最新の情報や技術を取得し、不得意科目を作らないように全体のレベルアップを図っております。
http://www.icco-d.com/0504concept/

抜歯が必要と言われた ~歯根破折について~

2014年9月17日

「歯の根っこが割れてしまっているから抜歯が必要です。」
歯科医にそう言われて、やむなく抜歯をした経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
根っこが割れた状態の事を「歯根破折(しこんはせつ)」といい、歯の根の部分にヒビが入り、割れてしまった状態を言います。
歯根破折の原因さまざまですが、良く見かけるのは、過去の治療で神経を取ってしまったために、歯に栄養が行き渡らなくなってしまい、枯れ木と同様に歯質がもろくなり、割れてしまうケースです。
歯根破折が発生すると、その割れた部分から細菌が入り、炎症が起きてしまうため、その部分の歯槽骨という歯を支えている顎の骨まで溶けてしまいますので、従来の歯科医院では、歯根破折してしまった歯は抜歯するというケースがほとんどでした。
ですが最近では、性能の良い接着材が開発されたこと、またマイクロスコープによる精密な作業が出来るようになったことにより、一部の破折歯の保存が可能となりました。
歯根破折した歯の治療法は大きく分けて2通りあります。
1、口腔内接着法
マイクロスコープで確認して初めて見つかるような、細かなヒビや割れの場合に行います。
割れた部分には細菌が侵入していることが予想されるため、その部分を小さな超音波器具で削り取ってキレイに洗浄し、強力な最新の接着剤を流して修復します。
細い根管の中のヒビや割れの治療のため、マイクロスコープを使用して行うことになりますが、抜歯の必要もなく、歯周組織に与える損傷がほとんどないため、患者さんの負担が少なくて済みます。
2、口腔外接着法
歯根破折に気付かずに、長期間放置されてヒビが全体に及んだ場合や、複雑に割れてしまった場合にはこちらの口腔外接着法という方法を用います。
破損した歯を一度抜歯し、口の外に取り出した後に炎症のある部分や汚れた部分をキレイに取り除き、割れた部分を接着してから元の場所に戻す方法です。
ただし、この治療法はすべての破折した歯に行えるわけではなく、奥歯などの歯の根っこが2本や3本に分かれている場合は適用できない場合があります。
上記の治療を行っても、残念ながら抜歯しなければいけない場合もありますが、歯の根が割れてしまったからと言って初めから諦めて抜歯してしまうより、可能性があるのなら、ご自身の歯を残す治療を選択する価値はあると思います。
当院の接着治療の事例はこちら
http://www.icco-d.com/05reason/0526tooth-transplantation/post_59.html

抜歯が必要と言われた ~歯牙移植について~

2014年9月15日

歯周病治療や再生治療、精密根管治療をしっかりと行っても、どうしても抜歯が必要になってしまう―スがあります。
そのような場合、多くの歯科医院で代替手段としてインプラント治療をおススメされているのではと思いますが、当院ではまず、ご自身の歯を活かす「歯牙移植」という手段をご説明させて頂いております。
歯牙移植とは、不要な親知らずや過剰歯、歯列からはみ出し抜歯が必要な歯を抜いて、虫歯などで歯を失ってしまったところに移植する治療を言います。
歯牙移植では、ご自身の歯を使用する、いわば”天然臓器の移植”であるため、歯根膜という、顎の骨に歯を固定させる靭帯のような組織も同時に移植できることで、噛み心地が正しく脳に伝達され、通常の歯の感覚を保つことが出来るようになります。
そのため、咬み合わせの力に対するクッション性、噛みごたえを感じる知覚のなどが、本来の生体が持つ自然な感覚に近くなりますので、患者様ご自身も移殖したことを忘れてしまうぐらい、これまであった歯となんら変わりなく使うことが出来ます。
このように、歯牙移植はメリットは非常に大きい治療法なのですが、全ての人に提供できる治療ではなく、以下の条件をクリアする必要があります。
1、移植するための健康な歯がある事
2、移植する歯の形がなるべく単純である事
3、口腔内の全ての歯が、歯周病に罹っておらず、健康である事
一方、デメリットとしては、抜歯と移植と外科手術を同時に行うため、患者さまの負担が大きくなるという事が挙げられます。
また、インプラントの場合は大きさなどの規格が決められているため、非常にシンプルに手術を行うことが出来ますが、歯牙移植の場合は、移植する歯の形がバラバラなため、技術的に高いレベルが要求されます。
適切な診断と十分な経験が必要な治療ですので、歯科医院選びの際は、ドクターの経験や症例などを参考に、慎重に行いましょう。
当院の、歯牙移植の症例はこちら
http://www.icco-d.com/0526tooth-transplantation/

出来るだけ、歯を削らない治療 ~マイクロスコープ編~

2014年9月12日

歯の治療において、最近日本でも、”MI治療”という概念が定着してきているように思います。
MIとは「ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)」の略で、直訳すると「最小の侵襲」という意味なのですが、生まれ持った歯を出来るだけ削らず、出来るだけ神経を取らずに治療することをコンセプトとした治療法の事を言います。
“MI治療”とひとことで言っても捉え方によっては広い範囲にまで及びますが、具体的には主に以下の3つが挙げられます。
1、出来るだけ歯を削らない、抜かない
2、予防と管理で再発を防ぐ
3、歯の再石灰化を促進する
上記の1、について。
先日のブログで書かせて頂いた、コンポジットレジンによる修復も出来るだけ歯を削らないための有効な治療法ですが、当院ではそれに併せて、むし歯になってしまった部分を削る量を最小限に抑えるためにマイクロスコープを使用した精密治療も行っています。
マイクロスコープを使用すると、肉眼でも拡大鏡でも見ることができなかった根管の内部から歯周組織、歯の切削面など、さまざまなお口の中の状態が確認することが出来ます。
そのため、歯を削る量を最小限に出来るという他にも、肉眼では見えないような歯の亀裂や神経の取り残しを見つけ、早い段階での治療が出来るという事、 外科手術においても最小限の切開で手術が可能になるため、手術後の回復が早い等と言った、様々なメリットがあります。
反面、マイクロスコープ自体が非常に高価であるという事、また、非常に細かい治療になり技術が必要である上に、治療に時間がかかる。と言ったデメリットがあるため、日本で導入されている医院様はまだまだ少ないのも現状です。
当院では患者様への負担を最小限にするため、マイクロスコープを活用したMI治療を提供しております。
http://www.icco-d.com/0528microscope/

出来るだけ、歯を削らない治療 ~コンポジットレジン編~

2014年9月11日

歯の治療というと、今までは「歯を大きく削る、痛い、治療に時間がかかる」というイメージがあり、実際に治療のために健康な歯を削るケースも少なくありませんでした。
しかし、現在は科学技術の進歩により、あまり歯を削らずに治す「接着修復法」という治療も出来るようになり、それにより、出来るだけ歯を削らず、痛くなく、短期間で治療が出来るようになりました。
この治療法を可能にしているのが、歯に強く接着する性質のある高品質のコンポジットレジン(CR)です。
コンポジットレジンは、それ自体が歯と非常に強く接着する特性を持っておりますので、接着面を確保しなければいけない型取りをする治療と違い、歯を削る量はかなり少なくてすみますし、歯と詰め物をしっかりと”接着”しますので、数年後に詰め物の下が虫歯になるという二次カリエスも防げます。
また、型を採るなどの手間がかからないため、治療期間も通院1-2回で終了するというのもこの治療法の魅力です。
コンポジットレジンによる治療は通常の保険治療でも行われているのですが、保険で使われるレジンの場合、
・時間の経過とともに変色する。
・摩耗しやすい
・色の種類が限られているので、審美的に限界がある。
というデメリットがありますが、当院で使っている最新の「ナノ・ハイブリッド・コンポジットレジン」は、1ミクロンの1/1000という超微粒子でできたコンポジットレジンのため、
・磨耗が小さく耐久力にも優れいている。
・時間が経っても変色しにくい
・色の種類も多く高い審美性を追求することが出来る。
という特徴があります。
このように、コンポジットレジンによる治療には多くのメリットがあるのですが、コンポジットレジンによる形成は高い技術を要するため、歯科医師の技量によって仕上がりに大きな差が出てしまいます。
歯科医院を選ぶ際は、先生の実績や症例などを参考に、自分に合った歯科医院を選びましょう。
当院の、ナノ・ハイブリッド・コンポジットレジンによる審美治療はこちら
http://www.icco-d.com/0510twice/

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • MAIL相談

電話での問い合わせ

052-955-8211

医院住所

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル2F

pagetop