診療時間
09:00 ~ 13:00 / / /
14:00 ~ 16:00 / / / / /
14:00 ~ 19:00 / / / / / / /
  • 休診日:月・日・祝

電話でのご予約

052-955-8211

〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル2F

WEB予約 24時間受付中
キービジュアル

抜歯したまま放置しない

2016年10月31日

生まれ持った歯を少しでも長く保つために、歯科医療は「できるだけ削らない、抜かない治療」へと発展してきました。しかし、歯周病が進んで歯の根っこ近くまで侵されてしまうと、抜歯を余儀なくされます。
大人の歯は上下それぞれ14本、合わせて28本あります。これらの歯は、1本1本が独立して機能しているようにも見えますが、そうではありません。上下それぞれ14本の歯からなる歯列を形成し、上の歯列と下の歯列がうまく噛み合うことによって、その機能を果たしているのです。
そのため、1本でも歯を失うと噛み合わせに狂いが生じてきます。歯を抜けたままにしておくと、両隣の歯が歯のないほうへ倒れてきたり、下の奥歯がなくなったときは、その歯と咬み合っていた上の奥歯が下に出っ張ってくることがあります。
歯を失うということは、噛む機能が低下するだけではありません。歯には噛む以外にも、正しい発音や容貌のバランスを支える働きなどがあります。
また、噛み合わせに狂いが生じると、残された歯を歯周病の危険にさらすことになります。ですから、「1本くらい歯がなくても、噛めるから」とか、「抜けたのは奥歯で目立たないから」などと考えて放置すると、将来大変なことになるでしょう。
抜歯後の処置には、「ブリッジ」「入れ歯」「インプラント」の3種類の治療法があります。それぞれの特徴をよく理解して、治療法を選択するようにしましょう。
http://www.icco-d.com/

抜歯することになったら

2016年10月28日

以前は、炎症がひどくグラついた歯には、簡単に抜いてしまう治療が頻繁に行われていました。現在は、歯周病の考え方や治療法が進歩し、できるだけ抜かない治療が主流になっています。しかし、そうはいってもあまりにもひどくなった歯周病には、抜歯という処置が適切な場合があります。
私たちの歯は、そう簡単に抜けたりグラついたりはしません。歯周病が進んでも、奥歯の根は複数に分かれて、さらにそれが複雑に分かれているため、簡単にグラついたりはしません。また、前歯がグラグラしてきた場合も、つないで固定してあれば、簡単に抜けたりすることはありません。治療後に炎症が再発し、歯肉が腫れたり、出血することがあっても、炎症が治まってしまえば、あたかも歯周病が治ってしまったかのように思えることもあります。
炎症をくり返していても、その都度治まってくれれば、抜歯は避けたくなるものですが、ひどい歯周病は隣接する歯やその隣の歯の歯周組織の破壊につながります。そのため、一見抜歯は必要ないように思われる場合でも、ほかの歯を守るために抜歯という処置が必要になることもあるのです。
また、歯肉の長引く炎症やくり返す炎症は、全身の病気や不調を来す原因になることがあります。治療しているにもかかわらず、歯肉の腫れや痛み、出血をくり返すようならば、歯を抜くことのほうが得策かもしれません。よく歯科医と相談し、今の現状を把握して判断することが大切です。
http://www.icco-d.com/

下がった歯肉を改善する「根面被覆術」

2016年10月26日

歯周病に関連して、歯肉が下がって歯根が露出し(根面露出という)、歯の幅と歯の長さがアンバランスになってしまうことがあります。また、根面露出は歯周病だけでなく、誤ったブラッシングや噛み合わせの異常などが原因で起こることもあります。
根面露出は、審美的障害をもたらすだけでなく、知覚過敏を引き起こしたり、歯面がくさび状に欠損してしまうなどの問題が起こることがあります。
「根面被覆術」とは、さまざまな原因で露出した根面を歯肉で覆い、審美性や機能性を回復するための処置法です。根面被覆術にはいくつかの方法がありますが、もっともよく用いられているのが、上顎口蓋側から切り出した結合組織を用いて露出根面を覆う「結合組織移植術」です。
近年は研究も進み、わが国でも根面被覆術が成果をあげていますが、一方でデメリットや適応とならない症例も明らかになっています。
1本の歯の周りの歯肉がすべて下がっており、全周にわたって歯根が露出している場合や歯周病が進行し、多くの骨がなくなった場合は、この根面被覆術は適応になりません。
根面被覆術が適応となるのは、歯間部歯肉(歯と歯の間の歯肉)があまり下がっておらず、表側(外側)の歯肉だけが下がっている場合です。また喫煙者は処置を受けても、結果が思わしくないこともあります。なお、根面被覆術は基本的に保険の適用外であり、自由診療となります。
http://www.icco-d.com/

歯周組織再生医療法「エムドゲイン療法」

2016年10月24日

「エムドゲイン療法」は、歯周組織再生療法の一つです。手術の手順はGTR法とほぼ同じですが、エムドゲイン療法には膜を置いてすき間をつくる代わりに、エムドゲイン・ゲルとよばれるジェル状の歯周組織再生誘導材料ですき間を満たします。
エムドゲイン・ゲルの主成分は「エナメルマトリックス抽出物」といって、幼若豚の歯胚から抽出精製されたもので、子どもの頃、歯が生えてくるときに重要な働きをするたんぱく質の一種です。象牙質の表面にエナメルマトリックスが存在すると、セメント芽細胞を含まない硬いセメント質(無細胞セメント質)が形成されます。
一方、GTR法では、膜を使ってすき間をつくるだけなので、エナメルマトリックスは存在しません。それでも、歯槽骨に歯根を固定させるセメント質は形成されますが、セメント芽細胞が含まれた有細胞セメント質になります。
エムドゲイン療法ではジェル状の薬剤が歯肉の入り込みを防ぐだけでなく、主成分であるエナメルマトリックスが歯周組織の再生を促します。しかも、歯の発生過程に近い環境を再現することによって、初めて歯が生えてきたときと同じような強固な付着機能をもつ歯周組織を再生するのです。
エムドゲイン療法は、GTR法にくらべて術法が簡便で、使用する薬剤は吸収されるため、取り除くための手術も必要としません。これらの点では現在もっとも優れた治療法といえるのですが、重度に進行した歯周病は適応外となるなど、適応範囲が限られているのが現状です
http://www.icco-d.com/

失われた歯周組織の回復を促す歯周組織再生誘導法「GTR法」

2016年10月21日

最近注目されているのが、失われた歯槽骨の回復を目指す「歯周組織再生誘導法」です。
なかでも「GTR法」は、特殊な膜(誘導膜、バリヤー膜、メンブレンなどとよばれている)を使って、歯槽骨やセメント質、歯根膜の修復を図る療法です。GTR法の原理を理解するために、まずは歯周組織の自然修復力について、簡単に説明しておきましょう。
実は、歯周組織は歯肉だけでなく、歯槽骨やセメント質、歯根膜にも自然修復力があります。それならば、フラップ手術後は、歯肉とともに歯槽骨も修復されるのでは?と思われるでしょう。しかし、歯肉の上皮は修復のスピードが非常に速いのですが、それにくらべて歯槽骨や 歯肉結合組織、歯根膜は修復が遅いため、歯槽骨などの歯周組織が育つべきスペースに新しい上皮がどんどん入り込みます。結果、歯槽骨や歯根膜の修復が追いつかないうちに、歯肉上皮の修復が完了してしまうのです。
骨の再生のためには、上皮だけが早く修復されてはいけません。そこで、GTR法では、フラップ手術の最後の縫合前に、歯肉と歯根の間に膜を入れてすき間をつくり、上皮の成長を阻みます。これによって、上皮の入り込みが阻止されるため、歯槽骨などの歯周組織はゆっくり自然に修復されていきます。
GTR法は歯周病の画期的な治療法ですが、すべての歯を救えるわけではありません。歯槽骨の破壊のされ方や程度によっては、適応外となります。
http://www.icco-d.com/

歯周病の外科治療~「歯周ポケット掻爬術」「フラップ手術」

2016年10月19日

「歯周ポケット掻爬術」とは、歯周ポケットの中で炎症を起こしている病的な歯周組織を掻き出して除去する手術で、歯周ポケットが5mm程度ある場合に適応となります。
この療法では、ルートプレーニングを行った後、スケーラーをポケットの内側に向け、内壁の歯肉を掻き出します。
また、歯周ポケット掻爬術の延長上にある手術として、スケーラーではなく、メスを使ってポケットの内側を切除する「新付着術(エナップ)」という方法もありますが、長期的には歯周ポケットができやすい状態になります。
一方、歯周ポケットが5mm以上になると、フラップ手術の適応となります。その手術では、メスを使って歯肉を切開し歯石などをきれいに取り除いた後に、歯肉を縫合します。術後は、歯周ポケット掻爬術同様、歯周ポケットはなくなり、歯肉も健康な状態に改善されます。

http://www.icco-d.com/

歯周病の最新治療

2016年10月17日

歯周病治療の基本は、歯垢・歯石をしっかり取り除くことであり、プラークコントロールを徹底することです。歯科で行うメディカルケアと、患者さん自身が行うセルフケア。この両軸によって、歯周病治療は成り立つといえます。セルフケアではブラッシングに加えて、歯間ブラシやデンタルフロスを使った歯垢除去を毎日の習慣として行います。
歯周病の治療では、すぐに歯肉にメスを入れたり、抜歯するようなことはありません。歯周病も初期の歯肉炎の段階であれば、歯周ポケットの浅いところにたまった歯垢や歯石を除去する「スケーリング」と、セルフケアで健康な歯肉を取り戻すことができます。
炎症が歯周組織に及んでいる場合でも、歯周ポケットが浅ければ、「ルートプレーニング」という治療で、歯肉を回復させることができます。ルートプレーニングとは、歯根面に付着した歯垢や歯石を除去するとともに、歯根膜を硬く滑らかに整える処置です。これによって、歯周病菌が付着しにくくなり、再発しにくい状態にします。
スケーリングとルートプレーニング、そしてセルフケアで炎症が治まらない場合は、外科治療の適応となります。

http://www.icco-d.com/

治療メニューは「プラークコントロール」を基本にカスタムメイド

2016年10月14日

各種検査の結果をもとに、治療メニューが組み立てられます。歯周病の進行度によって、その後の治療プロセスは変わってきますが、すべての治療の基本となるのは「プラークコントロール」です。
プラークコントロールとは、口の中のプラークを正常な状態に保つことをいい、自宅で患者さん自身が行う「セルフ・プラークコントロール」と、歯科医や歯科衛生士が行う「プロフェッショナル・プラークコントロール」があります。歯にこびりついたバイオフィルムや歯周ポケットに入り込んだ歯石などは、歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使って自らが行うセルフ・プラークコントロールでは除去しきれません。これらの頑固な汚れには、歯科で行われる「スケーリング」や「ルートプレーニング」、「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)」といったプロフェッショナル・プラークコントロールが必要になります。
歯周病の原因菌の繁殖を抑え、細菌が棲みにくい環境にすることで、歯周病の進行を食い止めることができます。また、初期の歯周病であれば、徹底したプラークコントロールで直すことも可能です。プラークコントロールは、治療を進めるうえではもちろん、治療が終わった後も、再発を防ぐために生涯継続して行うべき予防的治療といえます。
http://www.icco-d.com/

歯科で行われる各種検査2

2016年10月12日

指針触診によるむし歯の検査
「探針」とよばれる器具などを使い、むし歯による歯の変色や侵食の具合を直接見て診察する。
歯の動揺度検査
ピンセットで歯を揺らし、揺れ具合を診る。健康な歯でもわずかに揺れがあるが、歯周病が進んで歯槽骨が溶け始めると、歯がグラグラしてくる。
X線検査
肉眼では見ることのできない歯や骨の状態を調べる。大きなフィルムを使って広い範囲を調べる「パノラマ撮影」と、小さなフィルムを口の中に入れ、1本1本の歯をくわしく調べる「デンタル撮影」がある。
口腔内撮影検査
口腔内の状態を写真に撮り、記録する。日頃はなかなか目にすることのできない自分の口腔内を、患者自身も確認することができる。
咬み合わせの検査
上顎と下顎の型取りを行い、咬合器に装着し咬み合わせの状態を検査する。上下の歯の接触状態などを調べる。
http://www.icco-d.com/

歯科で行われる各種検査1

2016年10月10日

私たちが胃の痛みなどを訴えて内科を受診すると、問診をはじめ、血液検査やX線検査、胃の内視鏡検査など、いろいろな検査を受けます。同じように、歯科を受診したときもさまざまな検査が行われます。
歯科で行われる一般的な検査は、問診、視診、触診、X線検査などです。そのほかにも、近年は検査の方法や機器が進歩し、歯周病やむし歯をよりくわしく調べる検査があります。
歯周病ポケット測定
「ポケットプローブ」と呼ばれる目盛りのついた器具を使って、歯周ポケットの深さを測定する。通常は、1本の歯につき5~6ヶ所測定する。
問診
質問項目は口腔の症状をはじめ、歯周病やむし歯の既往歴、食事や喫煙などの生活習慣などです。また、歯の病気や治療が全身の病気と影響しあうこともあるので、全身の持病や服用中の薬などについても質問される。
http://www.icco-d.com/

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • MAIL相談

電話での問い合わせ

052-955-8211

医院住所

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル2F

pagetop