«  2020年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 口腔外接着法の禁忌 | メイン | 根尖からの歯根破折 »

2020年5月 6日

"右上側切歯が土台ごと脱落してしまい、歯根が破折しているので抜歯と言われたが残せないか"という事で来院されました。

初診時の写真とレントゲン写真です。

{002974-20170324[00](0)}C.JPG

{002974-20170324[00](1)}C.JPG

プローブを挿入してみると唇側が破折のために歯肉縁下6mm程欠損していました。

現状では前医の御診断のように治療の第一選択は抜歯となりますが、"抜歯はしたくない"とのご本人様の強いご希望により保存処置を検討しました。

破折が歯肉縁下深くに達しているため一度抜歯をして破折部が歯肉縁上に出るように再植し、歯牙保存します。しかし、歯槽骨内の歯根が短くなり歯冠歯根長比が逆転してしまうため、犬歯と連結して補強することにしました。

再植のために抜歯してみると破折は歯根の約半分までに達していました。

{002974-20170410[00](0)}C.JPG

破折部が歯肉縁上になるように再植しました。

再植後1ヶ月の状態

InkedInked{002974-20170520[00](0)}C_LI.jpg
                 (黄線が再植前の歯根の位置)

右上犬歯、側切歯の根管治療後、オールセラミックの連結冠にて補綴処置をいたしました。

術後3年のレントゲン写真です。
側切歯の根尖部には骨の添加がみられ、歯根膜の拡大はみられず良好な状態です。

{002974-20190328[00](1)}C.JPG


治療内容:再植、歯内療法、補綴処置
治療期間:7ヶ月
治療費:¥750,000

名古屋 中区 栄 一壺歯科医院


Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
一壺歯科医院 院長 伊藤茂基

一壺歯科医院
院長 伊藤茂基

【経歴】
1979年 愛知学院大学歯学部卒業
東京自由が丘の歯科医院を経て、沖縄の無歯科医村(東村)診療所勤務。
1986年 名古屋市中区にて開業

【所属学会ほか】
日本歯周病学会会員
日本接着歯学会会員
日本歯内療法学会会員
中区歯科医師会

JCPG(日本臨床歯周療法集談会)会員
JIADSクラブ会員

藤本順平先生 補綴・咬合コース
阿部晴彦先生 総義歯コース
JIADS ぺリオコース
   再生療法コース
   3iインプラントコース
Dr. Rudolf Slavicek オーストラリア咬合学セミナー
Dr. Jan Lindhe ぺリオコース
エムドゲイン ゲル講習会
岡本浩先生
   ぺリオコース
   ぺリオ.アドバンスコース
カリオロジーコース
東京医科歯科大学 ブローネマルクインプラント講習会
石井歯内療法研修会セミナー
石井歯内療法研修会ハンズオン
第9回世界歯内療法会議
フッ素セミナー(東京歯科大学 衛生学講座教授 眞木吉信先生)

※記載の症例の治療費用に関してはホームページの料金表をご覧ください。 ※記載の症例はあくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

一壺歯科医院
http://www.icco-d.com/

採用情報

採用情報