診療時間
09:00 ~ 13:00 / / /
14:00 ~ 16:00 / / / / /
14:00 ~ 19:00 / / / / / / /
  • 休診日:月・日・祝

電話でのご予約

052-955-8211

〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル2F

WEB予約 24時間受付中
キービジュアル

抜きたくない!

2015年7月14日

左下の第1大臼歯が咬むと痛いとの主訴で来院されました。
この歯は、1年前に激痛が出て、他院で3回目となる歯内療法をしましたが、2~3日後に痛みを伴い左の顔が大きく腫れたことがありました。
3ヶ月間歯内療法を行い治療は終了しましたが、また、咬合痛があり、舌側が腫れてブラッシング時に破れて膿が出たそうです。
レントゲンを撮ると根分岐部(歯根が分かれている部分)に病巣がみられます。
{002826-20140919[00](7)}.JPG
レントゲン写真から根分岐部付近で穿孔していることが考えられますし、根尖から根管充填剤が出ています。
当院で再度歯内療法をすると4回目となり、根管壁が薄くなり破折しやすくなるなど多くの問題がありますが、ご本人の”抜きたくない”との強いご希望で4度目の歯内療法をすることになりました。
コンポジット・レジンで隔壁を作り、ラバー防湿をして治療をすすめます。
充填物を取り除くと、心配していたように舌側の近心根根分岐部に根管口ほどの大きな穿孔がありました。
{002826-20141008(0)}C.JPG
{002826-20141007[1](0)}C.JPG
穿孔部をMTAセメントで封鎖しました。
{002826-20141022[00](0)}C.JPG
その後、通法通り根管治療を行いましたが、残念ながら根尖より出ていた根管充材を除去することは出来ませんでした。
近心舌側根の根尖は大きく拡大されていて、ガッタパーチャ・ポイントでの根管充填は不可能なためMTAセメントで行い、他の3根管はガッタパーチャ・ポイントで根管充填を行いました。
{002826-20141029[00](1)}C.JPG
{002826-20141210[00](1)}C.JPG
根充後6ヶ月のレントゲン写真です。
{002826-20150613[001](0)}C.JPG
(初診時のレントゲン写真)
{002826-20140919[002](7)}.JPG
                                       
レントゲン写真では初診時の状態と比較して根分岐部の病巣は少し小さくなりました。
根尖部の状態は初診時とあまり変わっていないようです。
何度も繰り返していた腫れや痛みは治療終了後、出ることはなくなりました。
今後、根分岐部の変化を観察していきたいと思います。
名古屋 中区 栄 一壺歯科医院

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • MAIL相談

電話での問い合わせ

052-955-8211

医院住所

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル2F

pagetop