«  2014年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年8月 2日

"他院で親知らずは不要だから抜歯を勧められたんですが本当ですか?"と来院されました。
その歯は、詰め物がとれたまま放置されていて、時々、奥の方が痛むそうです。

初診時の写真とレントゲン写真です。(左下の親知らず)
{002703-20121109[00](1)}C.JPG

0001.JPG

虫歯が進んでいるために歯髄(神経)は壊死していて、歯根の分岐部を含んだ大きな根尖病巣があります。
更に、近心根が強く曲がった状態であることがわかります。

親知らずのため機具の操作が困難なことや、根管の形態が複雑なために治療が困難であることをご説明しましたが、ご本人のご希望で治療してみることになりました。

虫歯が深く、歯の崩壊が大きいため隔壁を製作して、いつもの様にラバーダム防湿をして治療を行いました。
近心根に根管長測定のためファイルを挿入すると歯根が曲がっている付近で穿孔(パーコレーション)しているのがわかりました。
003.JPG

本来の根管を慎重に探しましたが見つけることが出来ず、穿孔部まで拡大、清掃して十分に消毒後、根管充填しました。
アクセス出来なかった部分が長いため病巣が治癒するか疑問でしたので、予後不良の場合は意図的再植を行うことをご説明しました。

根充後のレントゲン写真です。
{002703-20130119[00](0)}C.JPG

根充後6ヶ月の状態です。分岐部が改善しています。
{002703-20130720[01](0)}C.JPG

1年6ヶ月後の状態です。分岐部、根周囲の透過像はなくなり治癒しています。
{002703-20140802[00](1)}C.JPG


曲がっている歯根部分が未処置にも拘らず病巣が治癒したのは、アクセス出来た根管内の細菌数を減らすことが出来、その部分を緊密に封鎖が出来たため、新たな細菌が病巣に供給されなくなったためではないかと思います。

根尖まで根管充填することは重要なことですが、それ以上に細菌の数を減少させ緊密に封鎖することの方が重要であることを実感した症例です。

名古屋 中区 栄 一壺歯科医院

« 2014年6月 | メイン | 2014年9月 »

一壺歯科医院 院長 伊藤茂基

一壺歯科医院
院長 伊藤茂基

【経歴】
1979年 愛知学院大学歯学部卒業
東京自由が丘の歯科医院を経て、沖縄の無歯科医村(東村)診療所勤務。
1986年 名古屋市中区にて開業

【所属学会ほか】
日本歯周病学会会員
日本接着歯学会会員
日本歯内療法学会会員
中区歯科医師会

JCPG(日本臨床歯周療法集談会)会員
JIADSクラブ会員

藤本順平先生 補綴・咬合コース
阿部晴彦先生 総義歯コース
JIADS ぺリオコース
   再生療法コース
   3iインプラントコース
Dr. Rudolf Slavicek オーストラリア咬合学セミナー
Dr. Jan Lindhe ぺリオコース
エムドゲイン ゲル講習会
岡本浩先生
   ぺリオコース
   ぺリオ.アドバンスコース
カリオロジーコース
東京医科歯科大学 ブローネマルクインプラント講習会
石井歯内療法研修会セミナー
石井歯内療法研修会ハンズオン
第9回世界歯内療法会議
フッ素セミナー(東京歯科大学 衛生学講座教授 眞木吉信先生)

※記載の症例の治療費用に関してはホームページの料金表をご覧ください。 ※記載の症例はあくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

一壺歯科医院
http://www.icco-d.com/

採用情報

採用情報