診療時間
09:00 ~ 13:00 / / /
14:00 ~ 16:00 / / / / /
14:00 ~ 19:00 / / / / / / /
  • 休診日:月・日・祝

電話でのご予約

052-955-8211

〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル2F

WEB予約 24時間受付中
キービジュアル

根管治療とは8

2017年4月5日

歯の余計なすき間を専門的には「死腔」と言います。この「死腔」にも二種類あって、神経が入っていた管の先端まで詰めた物が届かない場合と、レントゲン・フィルムでは根の先端まで届いているようにみえても、実は、壁とその充填物との間に肉眼ではわからないほどのすき間がある場合、そのすき間がガラスとガラスをくっつけたほどのすき間でも、支障をきたします。ぴったり合わせた二枚のガラスを水につけると、間に水が上がってきます、これくららいのすき間でもいけないのです。
残念ながら、レントゲン・フィルムでは、そのくらいのすき間はとても読み取ることはできません。
充填のあと、充填物がどの程度白くレントゲンに写るとよいか、だいたいわかってきたことでしょう。しかし、勉強不足の歯科医も含めた、ごく一般の患者たちは、どういう状態が望ましいかが、なかなか見分けにくいものです。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • MAIL相談

電話での問い合わせ

052-955-8211

医院住所

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル2F

pagetop