診療時間
09:00 ~ 13:00 / / /
14:00 ~ 16:00 / / / / /
14:00 ~ 19:00 / / / / / / /
  • 休診日:月・日・祝

電話でのご予約

052-955-8211

〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル2F

WEB予約 24時間受付中
キービジュアル

虫歯や歯周病で
歯がボロボロ」の方へ
こんな「お悩み」は
ありませんか?

  • 昔、歯医者での経験が
    「トラウマ」で歯医者に行けない
  • ボロボロの歯を見せるのが
    恥ずかしい
  • できれば
    「痛みなく」治療を終えたい
  • 「納得するまで」
    説明をして欲しい

歯がボロボロに
なってしまった方は、
このような悩みを抱えつつ
悶々としています。

当院ではこのような悩みを抱かずに
治療できる体制が整っております。

まずはお話からでも大丈夫です。
こうしたい、こうして欲しくない
を、お聞かせください。

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

「痛み・恐怖心・不信感」の悩み。すべて解決します

院長

歯がボロボロになってしまった理由は人それぞれですが、 多くの方は、次のような理由から歯医者に足が遠のいて いるのではないでしょうか?

  • 歯医者への不信感
  • 治療時の痛みが本当に嫌だ
  • 歯医者の空間が怖い

当院ではこのような悩みをすべて払拭できる環境が整っています

以下、「治療時の痛み・不快感の軽減」「説明責任」「短期集中治療」「プライバシーへの配慮」に関してお伝えします。

治療時の「痛み」への配慮/「睡眠無痛治療」にも対応

会話

治療時は「麻酔が効いている」ので痛みはないのですが、「麻酔注射をする際の痛み」は、皆さん嫌ですよね。注射時の痛みは、複数のステップを踏んでじっくり行うことで驚くくらい痛みなく行うことができます。これを2STEP麻酔と言います。

また、「痛み」の他、「治療時の不快感(振動等)」を感じずに行う方法もあります。これを睡眠無痛治療(静脈内鎮静法)と言います。

それぞれご紹介します。

じっくり効かせる
表面麻酔+テクニック」を採用

  • 表面麻酔6歯肉に麻酔液をしみ込ませることで注射時の痛みを軽減させます。表面麻酔を利用します。
  • テクニック7お口の中には「痛みに敏感な部分/鈍感な部分」が存在しますので、鈍感な部分から注射を行うことで痛みを軽減できます。その他にも様々なテクニックを活用します。

最近では上記の方法で麻酔をする医院も増えてきているのですが、同じことを行ったとしても「テクニック」「麻酔にかけられる時間」が不十分だと痛みが生じます。当院には熟練のドクターしか存在せず、かつ、一人一人の患者さんにしっかり時間を取った治療を行いますので、安心して治療を受けて頂けます。

寝ている間に治療が終了する
睡眠無痛治療

セデーション

正式には「静脈内鎮静法」というのですが、鎮静薬を注入し数分でほぼ睡眠状態になる方法です。治療中の記憶がほぼありませんので、痛みや、音、振動なども感じることはありません

皆さん「気づいたら治療が終わっていた」とおっしゃいます。
次のような方にお勧めしています。

  • 「歯科恐怖症」の方
  • 「嘔吐反射」が強い方
  • 「ストレスなく」治療を終えたい方
  • 「短期集中治療」を希望される方

「納得されるまでの説明」そして「不必要な治療」はしない

説明

「説明責任」の徹底

説明2

歯科治療は「患者さんの身体に介入する行為」です。
つまり、患者さんの理解/納得/了承が絶対体に必要になります。

これがない治療は「暴力」と同じです。

当院では診査診断の後、患者さんの意向を伺い、複数の治療プランをご提示します。

そして分かりやすい様々な資料を用いて、患者さんが理解/納得されるまで、何度でもご説明します。

患者さんの多くは「こんなこと質問したら嫌がられるかな」と思い、しっかり理解しないまま治療に入ってしまっているのではないでしょうか?

当院ではそのような遠慮は一切不要です。
患者さんの「理解と納得と了承」が、私たちの義務と考えているためです。
些細な事でも、何でもご質問ください。

「不必要な治療」は行いません

院長5

不必要な治療はしない。
これは当然だと思われると思いますが、私たちプロの目から見ると「不必要」と判断せざる得ない治療が散見されます

利益を追求しているのか、もしくは、担当医がやってみたい治療を患者さんに試しているのかは分かりませんが、あってはならないことです。

当院では事前にしっかりとした「治療計画」を作成し、患者さんにご説明します。なぜこの治療が必要なのか、 なぜこのくらい期間がかかるのかをすべて根拠を提示しながらお伝えしています。

「短期集中治療」に関して

治療

歯医者が怖いので何度も通いたくない方、お仕事や子育てて忙しい方向けに「短期集中治療」をご提案しています。

来院回数を少なくするため、当院が取り組んでいることは、「1回の治療時間を長くとること」+「歯科技工士との密な連携」となります。

1回の治療時間を長くとる

10

綿密な治療計画を最初に作成します。これにより、どの工程をまとめてできるなどが判明しますので、通常複数の来院が必要な場合であっても、まとめて1回で終わらせることで、全体の治療期間を短縮させることができます。

歯科技工士との密な連携

技工

被せ物などは歯科技工士が作成します。技工士と密な連携をとることで、被せ物などの製作期間を短縮でき、結果、治療期間も短縮させることができます。

「プライバシー」への配慮/「個室」の空間

個室

お口の状態によっては、他の人には話を聞かれなくない方もいらっしゃると思います。
ご安心ください。

当院には「個室の診療室」がありますので、そこでプライベートなお話、そして治療も可能になっています。

各分野の担当医による「チーム医療」

集合

歯がボロボロになり、噛み合わせもおかしくなってしまっている場合は「総合治療」が必要になります。

総合治療はどの医院でも行っているものではありません。
なぜなら、とても難易度が高い治療になるためです。

歯周病、咬合、外科、補綴、麻酔などの学術的な知識と経験が必要となり、大学病院を紹介されるケースが多くあります。

しかし当院には各分野に精通したドクターが揃っていますので、問題なく総合治療ができる環境があります。ドクターをご紹介します。

「チーム医療の実践」

Dr.伊藤/根管治療・歯根破折 担当

2532
  • 愛知学院大学歯学部 卒業
  • 日本歯周病学会
  • 日本接着歯学会
  • 日本歯内療法学会
  • 中区歯科医師会
  • JCPG(日本臨床歯周療法集談会)
  • JIADSクラブ

Dr.川島/根管治療 担当

川島
  • 愛知学院大学歯学部 卒業
  • PESCJ歯内療法 認定医
  • PENN ENDO STUDY CLUB IN JAPAN修了
  • ペンシルバニア大学 Microscopic Training Course in Surgical Endodontics修了
  • AAE(米国歯内療法学会)所属
  • JEA(日本歯内療法学会)所属

Dr.猪飼(歯学博士)/精密補綴 担当

2340
  • 東北大学歯学部 卒業
  • 東北大学大学院歯学研究科 修了
  • 東北大学大学院歯学研究科口腔修復学講座咬合機能再建学分野 助教
  • 日本補綴歯科学会 補綴専門医取得

Dr.杉浦/審美・マウスピース矯正 担当

2321
  • 新潟大学歯学部 卒業
  • ケンデンタルクリニック 勤務
  • Ikko Dental Ofifce院長就任

Dr.北條/日本口腔インプラント学会専門医・指導医

2371
  • 日本大学松戸歯学部 卒業
  • 日本口腔インプラント学会専門医・指導医
  • ITI (International Team for Implantology) Fellow
  • EAO(European Association for Osseointegration) Active Member
  • 日本矯正歯科学会
  • CID Club 副会長

Dr.高木/セラミック矯正・マウスピース矯正 担当

2482
  • 日本大学松戸歯学部 卒業
  • 医療法人社団 健誠会 理事長
  • ミス日本中部北陸地区 大会実行委員 審査員
  • 日本歯科審美学会 会員
  • 顎咬合学会 会員
  • 日本歯科医師会 会員
  • 愛知県歯科医師会 会員
  • 小牧市歯科医師会 会員

最後に、歯で悩まれている方にメッセージ

歯が悪くなるのには、理由があります。
その原因を突き止めずに、ただ綺麗に治療したとしても、中長期的にまた問題が再発します

院長6

そのため、当院では「原因療法」を徹底しています。

どうして歯が悪くなったのか?
お口のケアが不十分だったのか?
噛み合わせに起因してるのか?
それとも過去に行った治療が原因なのか?

これを追求し、根本的な問題にアプローチする事。
これが大切です。

私たちは、「治療した歯を二度と再治療しない」という強い思いで診療に臨んでいます。

今からでも遅くはありません。
まずは、相談から始めませんか?

もちろん、治療を強く勧めることは致しません。
最終判断は、患者さんの意思になります。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • MAIL相談

電話での問い合わせ

052-955-8211

医院住所

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル2F

pagetop