トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラントを考える前に

インプラントを考える前に―歯牙移植と接着治療

何らかの理由により抜歯をする場合、抜歯後の処置を考えなくてはなりません。

通常、ブリッジや義歯、あるいはインプラントなどを用いますが、当院では歯牙移植と接着治療という選択肢もご用意しています。

歯牙移植

当院では抜歯後の処置として、親知らずなど不要となっている歯の移植をまず考えたいと思います。移植することで隣の歯を削る事もなく、義歯のように不快感もありません。

歯根には歯根膜という膜が付着していて歯と骨を結びつけています。歯根膜には自然治癒力や再生機能、歯と骨の間のクッション材などの役割がありますがインプラントにはそれらの機能はありません。

抜歯する歯や移植する歯の状態、移植するスペースなど条件が整った時に移植が可能となります。

症例1
症例1_1
真ん中の歯が破折しているため抜歯となりました。
それを補うため左の歯を抜歯して真ん中に移植することにしました。

症例1_2
移植後1か月

症例1_3
移植後11か月
被せ物をして健全な歯と同様に噛むことが可能になりました。

症例1_4
移植後16年
経過は良好です。

症例2
症例2_1
歯根に大きな穴が開いていたため予後不良と判断して抜歯、
そこへ、ほかの部位の親知らずを移植しました。

症例2_2
移植後5日
痛みや腫れもなく経過は良好です。

症例2_3
術後3か月
経過良好でしたので、被せ物をいれました

症例2_4
術後17年
患者さんが、「移植したのを忘れていました」とおっしゃいました。

※治療費用に関しては料金表をご覧ください。
※Webサイト内でご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。


接着治療

歯がなくなる原因の多くはむし歯と歯周病ですが、歯の破折も見逃せない原因の1つにあげられます。破折には歯冠部の破折と歯根部の破折があります。

歯冠部の破折は外傷など外部からの強い衝撃により横に生じることが多く、歯根部の破折は根管治療をおこなった歯によくみられ、縦に破折することが多くなります。

今まで縦に生じた歯根部の破折は抜歯されてきましたが、スーパーボンドC&B(接着性レジン)が開発されたことにより一部の破折歯の保存が可能となりました。

歯牙移植2_1
歯が破折していて頬側から膿が出ています。
噛むと痛く食事ができません。

歯牙移植2_2
レントゲンでは歯根の周りに黒い影がみられます。
歯根が縦に破折しているのが確認されました。

歯牙移植2_3
スーパーボンドC&Bを使って割れた歯根を接着しました。

歯牙移植2_3
膿はとまり食事もできるようなりました。
歯肉は健康な状態をとりもどしています。

※治療費用に関しては料金表をご覧ください。
※Webサイト内でご紹介している症例は、あくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

歯牙破折診断/接着治療

項目 価格
歯牙破折診断歯牙破折診断 35,000円
歯牙接着法歯牙接着法 150,000円

※上記の治療費はすべて税抜き価格です。

関連ページリンク

■根管治療
根管治療とは当院の根管治療について根管治療の基礎知識歯根破折

■当院が選ばれる理由
治療に対する基本的な考え方痛みの少ない治療予防歯科インプラントを考える前に
より高度で正確な診断、治療のために徹底した滅菌対策料金表医療費控除
甥の先生からの言葉

■院長紹介・経歴
院内ツアー技工へのこだわりアクセス・診療時間プライバシーポリシー

根管治療(歯の根の治療)など、初診相談をおこなっています

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 当院が選ばれる理由 » インプラントを考える前に


コールバック予約