トップへ » 当院の歯周病治療

当院の歯周病治療

歯周病治療歯槽堤保存術
抜歯をすると治癒していく過程で抜歯したところの骨が萎縮して凹んでいきます。その後、歯を入れようとすると凹んだところが陰になり審美的に障害となったり、義歯が不安定になったりします。

このような事を防ぐために、抜歯と同時に抜歯でできた穴に骨移植材を入れ骨の萎縮を防ぐ処置をします。

歯槽提増大術
歯のないところの歯肉に凹みや裂け目があると審美的な障害となったりブラッシングがしにくくなったりします。このような状態を改善するために歯肉を移植したり、骨移植材を入れて改善します。
歯槽提増大術1_1
歯肉に裂開があり、審美的な問題で来院されました。

歯肉弁根尖側移動術 (APF)法
歯周病で深くなった歯周ポケットを除去する手術です。手術後は歯周ポケットが浅くなり、歯周病菌の繁殖を抑えることができます。また歯肉よりも深い場所にできたむし歯の治療にも有効です。

これまで重度の歯周病には有効な治療方法がありませんでした。最近ではエムドゲインを使用した歯周組織再生治療が行われるようになり、期待が高まっています。

歯周組織再生療法(エムドゲイン)
歯周組織再生療法の一つにエムドゲインを使用した治療法があります。

エムドゲインは歯周組織再生用材料で、幼若ブタの歯胚(歯と歯周組織を形成する細胞)から抽出・精製したたんぱく質で、子供の頃、歯が生えてくる時に重要な働きをするタンパク質の1種類です。

エムドゲインは細胞毒性、局所刺激性、口腔粘膜刺激性、発熱性物質など多くの試験で異常は認められず、生物学的に安全性が高い材料で、2008年5月現在、世界44ヵ国で使用されています。歯周外科手術で歯肉を切開し、歯根にエムドゲインゲルを塗り、歯周組織の再生を誘発させて健康な歯周組織を取り戻します。


トップへ » 当院の歯周病治療


コールバック予約