トップへ » 歯周病とは?

歯周病とは?

歯周病とは?厚生労働省の調査によると、日本人の80%が歯周病に感染しているという調査報告があります。もはや国民病ともいえる歯周病は、歯周病菌が引き起こす病気です。

歯周病は、歯を支える歯槽骨がだんだんとなくなり、ついには歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。よく歯周病を家にたとえて説明することがあります。家は基礎がしっかりしていないと土台がぐらつき始め、ついには倒壊してしまいます。実は、歯周病もこれと同じことがいえるのです。

それでは歯周病のメカニズムはどうなっているのでしょうか?

歯に付着している歯垢が石灰化すると歯石となり、歯と歯肉の間に歯周ポケットという隙間ができます。ここに細菌などが溜まると炎症が起きます。さらに炎症が歯肉内部にまで広がると歯根膜や歯槽骨が破壊され、歯を支えきれなくなります。これを治療せずに放っておくと、歯の土台となる歯槽骨がなくなり、最終的に歯を失ってしまいます。

このように歯周病は恐ろしい病気ですが、早期発見・早期治療をすれば、大切な歯を守ることができます。そのためにも半年から1年に一度、定期健診を欠かさずに受けることが大切です。



トップへ » 歯周病とは?


コールバック予約