トップへ » 何でもよく食べて、94才を迎えています (横浜市港北区、60歳代)

何でもよく食べて、94才を迎えています (横浜市港北区、60歳代)

M.Iさん母が90才になる少し前に、総義歯を作ってもらいました。 認知症が少し始まっていましたので、治療をするにあたり、意思の疎通ができるか心配しましたが、何とか完成しました。

治療する前に、先生に「御母さん、歯を治すと元気になって、御姉さんが楽になるよ」と言われていたのですが、 その時は別段気にもとめていませんでした。 治療後半年くらい経ち、介護している姉から「御母さん、最近やに元気なのよ」と言われてハッとしました。 それまで母は「あれが食べれない、これが食べれない、歯が痛い」とよく言っていましたし、体調もくずしがちでした。 治療した後、本人は「固い物が食べれない」と言いながら、ふと見ると沢庵をポリポリ食べているではありませんか。

あれから何年か経ち、すっかり認知症も進んで、車いす生活ですが、何でもよく食べて、94才を迎えています。 昔の様に歯が痛くて食事ができないという状態が今も続いていたらと思うとぞっとします。


トップへ » 何でもよく食べて、94才を迎えています (横浜市港北区、60歳代)


コールバック予約