診療時間
09:00 ~ 13:00 / / /
14:00 ~ 16:00 / / / / /
14:00 ~ 19:00 / / / / / / /
  • 休診日:月・日・祝

電話でのご予約

052-955-8211

〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル2F

WEB予約 24時間受付中
キービジュアル

接着ブリッジは歯を削らない!?

2012年4月14日

接着ブリッジは歯を削らない治療法だと思われている方が多くいらっしゃいます。本当にそうなのでしょうか?
社団法人 日本補綴歯科学会の”接着ブリッジのガイドラインを参考にして少しご説明したいと思います。
 学会の定義では”接着ブリッジとは,従来型ブリッジと同様に支台装置,ポンティック,連結部より構成されるが,支台歯のうち少なくとも1 歯の切削を原則的にエナメル質にとどめ,接着性レジンを用いて支台歯に支台装置を接着するブリッジのことをいう.1歯または2歯程度の少数歯欠損に対して用いられる.”とあります。
また、接着ブリッジの支台歯形成時に留意することは”支台歯は可及的にエナメル質内の範囲で形成をされていることが推奨される.また,軸面に歯軸とほぼ平行に維持溝を形成することが強く勧められる.”” 接着ブリッジを適用する多くのケースでは,咬合力などの影響に対する抵抗形態,脱離力に対する維持形態を付与する必要がある”と記されています。
接着ブリッジは接着性セメントで歯に接着しますがブリッジには強い咬合圧がかかるため接着性セメントの接着力に加え支台歯を削りブリッジがさらに脱落しにくくする必要があります。でも削るのはエナメル質内にとどめます。それは、接着性セメントはエナメル質と強固に接着しますが、エナメル質の下にある象牙質とはあまり強く接着しないためです。
以上のことから接着ブリッジでもエナメル質内ですが歯を削ることが必要になります。

ホワイトニングの影響

2012年4月13日

歯の変色や歯の色調の改善するためにオフィスホワイトニングやホームホワイトニングが行われています。
オフィスホワイトニングでは過酸化水素水や酸化チタンが用いられ、ホームホワイトニングでは過酸化尿素が使われています。これら漂白剤のはたらきは、エナメル質についている色素や汚れを酸化したり、分解したりすることで漂白が得られています。
ホワイトニングでは歯を削らなくても歯がきれいになることは朗報ですが、歯にどのような影響があるのでしょうか。
漂白剤の酸化作用によりエナメル質の有機成分が分解され漂白後のエナメル質は粗造になります。そのためプラークが付きやすくなったり、歯が酸にたいして弱くなることが懸念されます。
ホワイトニング後の状態を持続させるには、持続的なメインテナンスと耐酸性を向上させるためにフッ素入り歯磨剤の使用が効果的です。

口腔衛生とガン

2012年4月11日

欧米で行われた疫学調査で口腔内の衛生状態がガンのリスクと関係があると報告されています。
愛知県がんセンターで行われた疫学調査では頭頸部ガンのリスクは歯が21本以上ある人に比べると少ない人ほど頭頸部ガンのリスクが高くなると報告されています。
このことは、歯が少ないことにより食物が食べにくくなり、食べ物で歯肉を傷つけたりする機械的刺激が増加してガンになりやすくなるという事が考えられます。また、歯の本数が少なくなった原因に口腔衛生状態の悪さが考えられ、そのために感染、炎症が生じガンにつながったと考えられます。
また、歯みがきの回数に関しては、1日1回磨く人に比べて磨かない人は2.86倍リスクが高くなり、1日2回以上磨く人は0.78倍にリスクが低下する傾向があります。
口腔内を清潔に保つことはむし歯や歯周病の予防だけでなくガンの予防にも重要と言えるのではないでしょうか。

歯周病と非アルコール性脂肪肝

2012年4月6日

歯周病の原因菌が非アルコール性脂肪肝の発症に密接に関係していることを横浜市立大学医学部の中島淳教授らの研究グループが解明しました。
非アルコール性脂肪肝はメタボリックシンドロームの症状として患者さんが増加しており、非アルコール性脂肪肝の一部は非アルコール性脂肪肝炎になり、さらに症状が進むと肝硬変や肝がんになることがあります。
非アルコール性脂肪肝で歯周病の患者さんに歯石除去や薬による歯周治療をおこなったところ肝機能が大幅に改善しました。このことは、歯周病の治療が非アルコール性脂肪肝の治療につながったことになります。
全身の健康のためにもお口の健康管理には注意していただいた方がよさそうです。

酒は百薬の長?

2012年4月4日

口腔ガンを含む頭頸部ガンの代表的なリスク要因に飲酒があります。
飲酒の量が少量、中等量であれば飲まない人に比べリスクの上昇はわずかですが、週5日以上毎回日本酒換算2合以上飲む人はリスクが3.78倍になってしまいます。
徒然草には、”百薬の長とはいへど、よろづの病は酒よりこそおれ”とあり、必ずしも飲酒をすすめていません。過ぎたるは猶及ばざるが如しでしょうか。

歯冠破折の治療法

2012年4月3日

くいしばりや歯ぎしりで歯が折れたために歯科医院でみてもらったら、抜歯してインプラントをすすめられたという患者さんが多くなっています。
拝見すると歯冠は痛みを伴ってぐらぐらと動きます。
インプラントは1つの治療法となりますがそのほかに治療する方法はないでしょうか。
両隣に歯があれば抜歯してブリッジという選択肢や、破折のしかたにもよりますが歯冠を抜歯し歯根を矯正により引っ張りだして利用することも選択肢になるかと思います。
どの治療法もメリットとデメリットがありますし、治療法をあまり選択できないこともあるかもしれません。よく担当医と相談されることをおすすめいたします。

歯の治療のサイクル

2012年4月2日

虫歯の治療のため詰め物をし、再び虫歯となり神経を取り(抜髄)、 被せ物をする。その後、またむし歯になったり、歯が割れたり、歯周病のために抜歯し、部分入れ歯を入れることになる。そして、入れ歯の維持装置を掛けていた歯がぐらぐらしてきて抜歯となり入れ歯が大きくなってしまう。
歯科医学の進歩により改善されてきたとはいえ、このようなサイクルを経験された方も多いかと思います。
歯は非常に過酷な環境の中にあります。
歯の修復物が一生使用できるとは考えにくいことですが、質の高い治療により治療と治療のインターバルを長くして時間や治療費を節約することは可能だと思います。

禁煙のメリット

2012年3月28日

禁煙により48時間~72時間でニコチンが体から完全に抜け、72時間で呼吸が楽になります。さらに2週間~3週間で肺の機能が30%アップして歩行が楽になります。
口腔内では数日~数週間で歯肉の血流が正常にもどり、歯肉の黒ずみも少しずつ健康な色にもどりますが、禁煙後に歯肉が腫れたり赤くなったりすることもあります。これはタバコによる悪影響がなくなり本来の症状が現れたためです。
歯周病の発症を予防するためや、治療効果を上げるため、そして全身疾患のためにも早い禁煙をおすすめします。

タバコとインプラント

2012年3月27日

インプラント治療はチタン製の人工歯根を顎の骨の中に埋め込み、歯の代わりとして使用する治療法です。
インプラントと骨の結合には血液の供給が重要ですが、タバコに含まれるニコチンの血管収縮作用により十分な血液供給ができません。そのため、手術後の感染や傷の治りにも影響を与えてしまします。
インプラントの治療後でも喫煙者はインプラントの周囲に炎症が起きやすく(インプラント周囲炎)、非喫煙者に比べ顎の骨の吸収が進んでいることが治療後の追跡調査で報告されています。そのため、喫煙者はインプラントの脱落の確率が高くなってしまします。

タバコと歯周治療

2012年3月26日

歯周治療では、非外科的治療(スケーリング、ルートプレーニング)や外科的治療(MWF、APF)そして再生療法(GTR、EMD)などが行われています。
しかし、タバコによる免疫力の低下により治りにくいというデータが報告されており、せっかく行った治療の効果はあらわれにくくなってしまいます。
また、治療の効果は喫煙量に反比例していて喫煙量が多くなると悪くなり、抗菌剤の効果も喫煙者の方が低くなってしまいます。
そのため、歯周治療で良い結果を得るために禁煙が大切となります。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • WEB予約
  • MAIL相談

電話での問い合わせ

052-955-8211

医院住所

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3-7-14 ATビル2F

pagetop