«  2015年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年11月30日

{002879-20151125[00](0)}C.JPG

左上第一大臼歯のインレーが脱落したために来院された患者さんです。

{002879-20151125[00](2)}C.JPG

残っているセメントを取り除いてみるとカリエス(むし歯)がかなり進行していました。

ラバーダム防湿を行い慎重にカリエスを取り除いていきます。

幸い露髄(神経が出てしまった状態)しませんでしたのでハイブリット・コンポジットレジンを充填して修復することにしましたが、充填時に唾液が触れると接着力が低下するため、ラバーダム防湿はそのままで治療を続けます。

{002879-20151125[00](6)}C.JPG

対合歯との咬合関係も考慮して、出来るだけ解剖学的形態を再現するように充填をおこないました。

2015年11月27日

7年6ヶ月前に根管治療を行った歯の経過です。

疲労時に右下に鈍痛があるので来院されました。
レントゲン写真を撮影すると、右下5番(第2小臼歯)の根尖に病巣がみられました。

通常通り、ラバー防湿を行い根管治療を行いました。

根管充填時のレントゲン写真です。
大きな根尖病巣(点線で囲まれた部分)があります。
根尖部から少し根充材が出ていますが、今後どのように変化していくのでしょうか。

p2.JPG

1年後のレントゲン写真です。
根尖病巣は半分ほどに小さくなりました。

{002182-20050701[00](9)}C.JPG

治療後5年目の状態です。
根尖病巣は、ほとんどなくなっています。
根尖から出ている根充材が、かなり吸収されています。

根尖から出ている根充材の多くはガッタパーチャですが、ガッタパーチャは1年〜2年で吸収が始まり、7〜8年でレントゲン写真上では消失することが考えられます。

{002182-20090113[00](0)}C.JPG

治療後7年6ヶ月の状態です。
新たな病巣は見られません。
根尖から出ていた根充材は吸収され消失しています。

{002182-20120417[00](8)}C.JPG

現在、鈍痛はなく、以前に痛みがあったことを忘れていらっしゃいます。

名古屋 中区 栄 一壺歯科医院

« 2015年9月 | メイン | 2015年12月 »

一壺歯科医院 院長 伊藤茂基

一壺歯科医院
院長 伊藤茂基

【経歴】
1979年 愛知学院大学歯学部卒業
東京自由が丘の歯科医院を経て、沖縄の無歯科医村(東村)診療所勤務。
1986年 名古屋市中区にて開業

【所属学会ほか】
日本歯周病学会会員
日本接着歯学会会員
日本歯内療法学会会員
中区歯科医師会

JCPG(日本臨床歯周療法集談会)会員
JIADSクラブ会員

藤本順平先生 補綴・咬合コース
阿部晴彦先生 総義歯コース
JIADS ぺリオコース
   再生療法コース
   3iインプラントコース
Dr. Rudolf Slavicek オーストラリア咬合学セミナー
Dr. Jan Lindhe ぺリオコース
エムドゲイン ゲル講習会
岡本浩先生
   ぺリオコース
   ぺリオ.アドバンスコース
カリオロジーコース
東京医科歯科大学 ブローネマルクインプラント講習会
石井歯内療法研修会セミナー
石井歯内療法研修会ハンズオン
第9回世界歯内療法会議
フッ素セミナー(東京歯科大学 衛生学講座教授 眞木吉信先生)

※記載の症例の治療費用に関してはホームページの料金表をご覧ください。 ※記載の症例はあくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

一壺歯科医院
http://www.icco-d.com/

採用情報

採用情報