«  2014年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年3月29日

当院でお入れしたセラミッククラウンではありませんが、破損した部分の修理を行いました。

{002768-20140324[00](0)} - コピー.JPG

破折して凸凹しているセラミックの表面を滑らかになるようにほんの少し削り、表面処理を行いハイブリットのコンポジットレジンを他の所と色が調和するように積層します。

形態を調整し、表面を滑沢に研磨して修理が終わりました。

{002768-20140324[00](1)}.JPG

名古屋 中区 栄 一壺歯科医院

2014年3月28日

昨日の中日新聞にトゥースフェアリーに協力している歯科医院が掲載されていました。

DSC_0008.JPG

トゥースフェアリーとは
"西洋では抜けた乳歯を枕元に置いて寝ると夜中に歯の妖精TOOTH FAIRYがこっそりその歯をもらいに来て、お礼にプレゼントと交換していくと言い伝えられています。歯の治療で役目を終えた金属も、子どもたちを喜ばせる素敵なプレゼントにかえられたら、と いう思いからこのプロジェクトは始まりました。"
実際には、この活動に共感した歯科医師が患者さまの協力により集めた金属を寄付して,それを資金にかえ、必要としている子どもたちへ届けています。

愛知県では361の歯科医院が協力しており、当院も以前からこの活動に参加しています。

当院掲載部の拡大です。
DSC_0004.JPG

名古屋 中区 栄 一壺歯科医院

2014年3月15日

1997年4月に右下5番の鈍痛があり来院された患者さんです。

レントゲン写真では6番、5番の根尖部に透過像があり、これが鈍痛の原因と思われます。
前医により、右下6番の遠心根と5番でブリッジが装着されましたが、"数年しかもたない"と言われたそうです。(理由についてはお聞きしていません)

{000431-20140312[00](0)}.JPG


5番は再根管治療をすれば保存可能と思われるため、根管治療のやり直しをしました。
(根管治療が不成功となっても歯根端切除がオプションの治療として考えられます。)
6番遠心根は7番が近心傾斜していて治療を行っても治療後、7番の近心のブラッシングが十分に行えないために、再び、う蝕になったり、歯周病になりやすいなど、補綴物を長期に使用することが困難だと判断して抜歯しました。根管治療後、5番と7番を支台にしてブリッジにしました。

17年目のリコール時の右下5番のレントゲン写真です。
{000431-20140311[00](9)}.JPG

根尖部の透過像はなくなり、治癒していることがうかがえます。
ブリッジに問題は生じていません。

名古屋 中区 栄 一壺歯科医院

« 2014年2月 | メイン | 2014年4月 »

一壺歯科医院 院長 伊藤茂基

一壺歯科医院
院長 伊藤茂基

【経歴】
1979年 愛知学院大学歯学部卒業
東京自由が丘の歯科医院を経て、沖縄の無歯科医村(東村)診療所勤務。
1986年 名古屋市中区にて開業

【所属学会ほか】
日本歯周病学会会員
日本接着歯学会会員
日本歯内療法学会会員
中区歯科医師会

JCPG(日本臨床歯周療法集談会)会員
JIADSクラブ会員

藤本順平先生 補綴・咬合コース
阿部晴彦先生 総義歯コース
JIADS ぺリオコース
   再生療法コース
   3iインプラントコース
Dr. Rudolf Slavicek オーストラリア咬合学セミナー
Dr. Jan Lindhe ぺリオコース
エムドゲイン ゲル講習会
岡本浩先生
   ぺリオコース
   ぺリオ.アドバンスコース
カリオロジーコース
東京医科歯科大学 ブローネマルクインプラント講習会
石井歯内療法研修会セミナー
石井歯内療法研修会ハンズオン
第9回世界歯内療法会議
フッ素セミナー(東京歯科大学 衛生学講座教授 眞木吉信先生)

※記載の症例の治療費用に関してはホームページの料金表をご覧ください。 ※記載の症例はあくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

一壺歯科医院
http://www.icco-d.com/

採用情報

採用情報