«  2013年11月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2013年11月29日

パートナーを辞書で引くと、"共同で仕事をする相手。相棒。"という内容が出てきますが、私たちが従事している歯科治療では歯科衛生士が歯科医師の大切なパートナーであり、歯科医師が歯科衛生士のパートナーでもあります。

私たちは患者さんの歯を通して、患者さんが健康で、いきいきと豊かな生活を楽しんでいただくために患者さんをサポートしていかなくてはなりませんが、歯科衛生士はそのことに大きな役割を果たすことができると思います。

歯科衛生士は、歯科医の補助だけにとどまらず、患者さんの人生をも変えてしまう魅力ある職業だと思います。

当院で実際にあったことですが・・・
たいへんご自分の口腔内の事で悩まれた患者さんが来院されました。
口腔内の現状をご説明し、ご理解いただき、治療になりました。
その患者さんは、治療の度に歯科衛生士の真剣な態度や自分のことを心配してくれる気持ちに感動され、ご自分の口腔内を真剣に考えていただけるようになっていきました。
治療結果はご想像できるかと思いますが、大変よい結果が得られたことは言うまでもありません。
いまでも、この患者さんが言われます。
"私はあの歯科衛生士さんに助けられました。ほんとうに感謝しています。"
この仕事に携わってほんとによかったと思う瞬間です。

このような例は、いくつもあるわけではありませんが、1人の歯科衛生士に1人の感謝する患者さんがいるのではないでしょうか。
これはすばらしい事です。

パートナーとして治療に携わり、じかに患者さんの苦痛や悩みを感じることができる歯科衛生士だからこそできる体験です。

特別なスキルが必要ではありません。
あなたの熱意が必要なのです。


名古屋 中区 栄 一壺歯科医院

2013年11月28日

23年間リコールに応じていただいている方のレントゲン写真をご覧ください。

歯周病で大変悩まれていて、口腔内全体を治療したいと来院されました。
初診時のレントゲン写真の中で右下犬歯をご覧下さい。
歯根の遠心部の歯槽骨が根尖付近から円錐状になくなっていて、根管治療と歯周治療が必要と思われます。
{000899-19900613[00](0)}C.JPG

根管治療は感染に十分に注意して行い、歯周治療は麻酔をしたうえで歯肉縁下のスケーリングを行い再生療法などはしませんでした。
なによりもブラッシングが必要と考え、ご指導し実行していただきました。

11年目のリコール時のレントゲン写真です。
根尖付近の透過象はなくなり歯槽骨が出来ているのを確認できます。また、歯頸部付近の歯槽骨にも骨の添加や歯槽骨硬線が見られたりと、改善がみられます。
{000899-20041023[00](0)}C - コピー.JPG

23年目のリコール時のレントゲン写真です。
11年目のリコールと比べてみても変化がなく、安定しています。
{000899-20131025[00](10)}.JPG

かなりの量の骨が回復し、大変悩まれていた歯肉からの出血や口臭はなくなり良好な状態が長期にわたり保たれています。

このような状態を維持できているのは、治療へのご理解とご協力頂いた事、また、それ以上にブラッシングを大変熱心にされたことがよかったと思います。


名古屋 中区 栄 一壺歯科医院

2013年11月26日

23、24日の連休を使って、雪の穂高を見に蝶ヶ岳へ行って来ました。

登山口となる三股までの林道が12月2日で閉鎖となるため、私にとっては今年最後のチャンスとなりました。
23日は登山口に近くに泊まり、24日に備えました。

午前6時30分、明るくなった三股を出発、沢沿いの道をゆっくりと登って行きます。まもなく周辺に雪が現れてきましたが山頂まで明瞭なトレースがついていました。

登り始めて約1時間。有名?なゴジラ君のお出迎え。目と牙が枯れ木につけられ、なるほど、ゴジラだ!この日は雪の帽子をかぶっていました
DSCN4026.JPG

大きな常念岳を右に見ながら標高を上げていきます。
DSCN4031.JPG

急な登りをこなし、なんとか、お昼に蝶ヶ岳山頂に到着。
快晴と穂高の山々の絶景に迎えられました。
DSCN4035.JPG

2013年11月 6日

側枝のみられた症例の中から4例をご覧下さい。

右上第1大臼歯の痛みで来院された方の症例です。
近心頬側根の側面に病巣(黒い影)があります。(赤線で囲まれた所)
根尖部に病巣がないので近心頬側根に側枝の存在が疑われ、赤線で囲まれた所の真ん中付近にあるように思えます。
{000001-20130927[00](6)}C.JPG

ラバーで歯を隔離して感染に十分注意をしながら顕微鏡(マイクロスコープ)を使って根管内を調べましたが、側枝を確認することはできませんでした。
根管内を機械的に拡大して薬剤で十分に殺菌を行い、加圧しながら根管充填をしました。
術後のレントゲン写真ですが近心頬側根の側枝(赤い矢印)に根充材が入っていることがわかります。
{000001-20130927[00](12)}.JPG

術後12ヶ月の状態です。病巣はなくなり,治癒したと思われます。
{000001-20130927[00](7)}C.JPG

同じく左上第1大臼歯の症例です。
近心根、遠心根、口蓋根ともに病巣(黒い影)がみられます。特に近心根では歯根全体を覆う程の病巣(赤い線で囲まれた部分)があり、抜歯も考えられます。
患者さんの強いご希望もあり治療をすることにしました。
{000001-20131023[00](4)}C.JPG

術後25ヶ月のレントゲン写真です。
近心根、口蓋根に根尖付近に側枝がありました。(近心根は少し分かりづらいですが)
近心根の病巣はかなり小さくなっていますが、まだ、根尖部に少し残っています。歯根表面が感染してバイオフィルム(細菌の塊)があるのではないでしょうか。
患者さんに痛みや腫脹など症状はありません。
{000001-20150904[00](0)}C.JPG

上顎前歯の症例です。
根尖付近に側枝が確認出来ます。(矢印部分)
{000001-20130927[00](11)}C.JPG

上顎小臼歯の症例です。
わかりにくいですが2カ所に側枝が見られます。(矢印部分)
{000001-20130927[00](10)}C.JPG


根管治療では側枝に根管充填する事が目的ではありません。
根管内を機械的、化学的に清掃して細菌をできるだけ減らし、緊密に根管充填することで残ったわずかな細菌を封じ込め,活動を抑えることを目的にしています。

名古屋 中区 栄 一壺歯科医院


« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

一壺歯科医院 院長 伊藤茂基

一壺歯科医院
院長 伊藤茂基

【経歴】
1979年 愛知学院大学歯学部卒業
東京自由が丘の歯科医院を経て、沖縄の無歯科医村(東村)診療所勤務。
1986年 名古屋市中区にて開業

【所属学会ほか】
日本歯周病学会会員
日本接着歯学会会員
日本歯内療法学会会員
中区歯科医師会

JCPG(日本臨床歯周療法集談会)会員
JIADSクラブ会員

藤本順平先生 補綴・咬合コース
阿部晴彦先生 総義歯コース
JIADS ぺリオコース
   再生療法コース
   3iインプラントコース
Dr. Rudolf Slavicek オーストラリア咬合学セミナー
Dr. Jan Lindhe ぺリオコース
エムドゲイン ゲル講習会
岡本浩先生
   ぺリオコース
   ぺリオ.アドバンスコース
カリオロジーコース
東京医科歯科大学 ブローネマルクインプラント講習会
石井歯内療法研修会セミナー
石井歯内療法研修会ハンズオン
第9回世界歯内療法会議
フッ素セミナー(東京歯科大学 衛生学講座教授 眞木吉信先生)

※記載の症例の治療費用に関してはホームページの料金表をご覧ください。 ※記載の症例はあくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

一壺歯科医院
http://www.icco-d.com/

採用情報

採用情報