«  2013年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2013年2月27日

精密な補綴物を製作してもらうためには精密な模型が必要ですが、その模型を作るために精度の高い印象が必要となります。

当院は技工を東京 吉祥寺のアペックスの檜田さんに依頼しています。
檜田さんは20倍の実体顕微鏡を使用して補綴物を製作し、適合に関してもかなりウルサイことで知られています。

通常は、寒天とアルジネート印象材を用いて印象されることが多いようですが、当院では3M社製で親水性付加型シリコーン印象材 インプリントのヘビーボディとライトボディを使用して20倍の実体顕微で作業しても大丈夫な模型が作れるように精密な印象を採っています。

印象材を入れるトレーは既成のトレーを使用せず、印象する患者さんの顎の大きさや歯並びにあわせて院内で製作しています。
オーダーメイドの個人トレーですね。
個人トレーを使って印象すると印象材の厚みが一定になり印象材の変形のない印象を得ることが可能となります。

また、印象時に血液があると印象が不鮮明になってしまします。歯肉からの出血がない健康な歯肉が精密な印象を行うために大変重要となります。

オーダーメイドの個人トレー
DSC_0013.JPG

2013年2月26日

テック、テンポラリークラウン、プロビジョナルレストレーションといろいろな呼び名がありますが一般的にテックと言われています。

歯を形成した後、形成面を保護するために製作しますが、他にも目的があります。

歯が動かないようにスペースを確保します。
歯を形成した後は、隣の歯や咬み合わせる歯との間に隙間ができますが、隙間をそのままにしておくと歯が微妙に動いてしまい、補綴物が入りにくかったり、入らなかったりします。

歯肉の健康を保ちます。
仮歯があると食事時の食物の流れが正常に保たれ、歯肉に負担がかかるのを防ぐことができ、歯肉の健康が保てます。

補綴物の厚みがわかります。
仮歯の厚みを測ることにより補綴物の厚みがわかり、補綴物の適正な厚さを確保することができます。補綴物の厚みが予測できるため、歯を余分に削ってしまうことを避けられます。

補綴物の形態がチェックできます。
仮歯は自由に形を変えられるため補綴物の形態を再現して他の歯と調和するか、審美的に問題がないか、補綴物の製作に際し多くの情報を得ることができます。

咬み合わせの調整ができます。
咬み合わせが悪い場合に、自由に調整することができる仮歯を使用して、いろいろな咬み合わせの状態を試験することができます。

まだまだ仮歯の使用目的はあるかと思いますが、治療では非常に大切なものとなります。そのため、短期間だけの使用となるかもしれませんが、製作には十分注意を払いながら慎重に行わなければなりません。

このように大切な仮歯、仮という呼び方は正しくないのかもしれませんね。

形成
{001709-19991117[00](0)}C.JPG

仮歯
{001709-19991019[00](0)}C.JPG

補綴物
{001709-20000131[00](0)}C.JPG

2013年2月25日

補綴治療のステップに歯牙形成があり、ヒューンと音をたてながら歯を削っています。
"俺の口の中でジェット機を飛ばすな!"って言われた事がありますがまさにその通りですね。

どんな形に歯を削っているかというと茶筒のように形成しています。

茶筒を歯、蓋を補綴物と思って頂くといいかと思います。
茶筒と蓋は平行になっているため、簡単に蓋が取れる事がありません。

歯が平行に形成できればいいのですが、口腔内ではフリーハンドで形成しなければならないために6°の傾斜をつけて形成します。富士山のように台形に形成するのは簡単なのですが補綴物が外れやすくなってしまいます。

また、歯を削る量は補綴物を製作するのに必要な量だけにするため、削った量を測りながら形成します。
最初はザックリと形成し、次に削り足りない所がないか測りながら形成を修正、最後に形成面を研磨し茶筒の表面のように滑沢に仕上げます。

形成面が滑沢に仕上げられるとマージンはスムースで滑らかに仕上がり、精度の高い補綴物を製作する事が可能となります。

大変長い時間をかかって形成しますので、すごく歯を削られている様に思われるかもしれませんがそうではありません。このように出来る限り歯を削らないように慎重に形成しているので時間がかかってしまうのです。

歯牙形成した歯
DSC_0003-1.jpg

2013年2月23日

補綴物は歯の失われた部分を補い機能を回復するために使用するインレー、クラウン、ブリッジなどのことを言います。補綴物はセメントにより歯に装着されるため、歯と補綴物には必ず境ができますがこの境部分をマージンと言います。

天然歯の表面は、段差などなくスムースな表面となっています。補綴物のマージン部も天然歯の様にスムースな状態でなければなりません。

マージン部がスムースでないとどんなデメリットがあるのでしょうか。

マージン部が歯にスムースに適合していなくて隙間や段差があると、その部分で細菌が増殖し、ムシ歯や歯周病が生じて再治療や抜歯の原因となってしまいます。

補綴物のマージンが不適合となる最大の理由はヒューマンエラーのため優秀な歯科技工士の協力は欠かせませんが、ひとつひとつの治療ステップの正確さも重要となります。

補綴物のマージン
{002301-20070502[00](2)}.JPG

2013年2月22日

昨日、以前に経験した胃付近の疼痛の診査のため、総合病院で診察していただきました。血液検査やレントゲン検査など多くの検査をしましたが,その中にCT検査があり初体験となりました。

血管に造影剤を入れ、大きなドーナッツの中で10分程、機械で前後に動かされて撮影は終了。その後、検査結果を先生から説明していただきました。

以前より血液中のコレステロールや中性脂肪が多い高脂血症であることは知っていましたし、治療のため薬を飲むように医師からも薦められていましたが、服用せず軽い気持ちでいました。

今回の検査でもやはり高脂血症を指摘され、CT画像でその部位や量についてくわしい説明をしていただきました。

自分の体は大丈夫だと勝手に思っていましたが、血管にプラークがベッタリついている画像で説明されると、とてもそんなことを言っていられません。
早速、今日からあのプラークを取るために薬を飲むことにしましたが、薬といっしょに食事療法も始めたいと思います。

血管にプラークがつくことは知っていましたが、自分の血管にもついていたとは!

こちらのプラークもやっかいそうです。

歯のプラークだけでなく血管のプラークにも気をつけてくださいね。

2013年2月20日

前歯が欠けたため修復を希望されました。

セラミックで補綴することも検討しましたが歯を削る量が非常に多くなり、歯に与えるダメージが大きいためコンポジットレジンによる修復を選択しました。

以前、充填されているコンポジットレジンがあるため、それを除去すると1/3ほど歯がなくなってしまい、審美性が非常に要求される部位でもあるため難易度の高い修復処置となりました。

使用したコンポジットレジンはナノ・ハイブリットコンポジットレジンのKERR社プレミス、3M ESPE社 フィルテック シュープリームXTEを使用し、積層法により充填、歯の色が微妙に変化しているため6色のコンポジットレジンを使用して歯の色に調和するよう充填します。

充填が終わると次は研磨になります。歯の表面は平らな状態ではありませんので、その変化を再現しながら充填部の形態を調整し、最後に表面が滑沢になるように研磨します。

歯にあまりダメージを与えず、審美的にもご満足頂いたケースです。

治療前
{002436-20130212[00](0)}.JPG

治療後
{002436-20130219[00](1)}.JPG

2013年2月19日

私は以前から肩こりがひどく、K・Y様にご心配いただき"ふらそら"をいただきました。

治療中、下ばかり見ているため首に負担がかかり、首の骨が正常な湾曲とは逆の方向に曲がってしまいました。
接骨、鍼灸、マッサージ、ストレッチなどいろいろとやってみましたが一向によくなりません。 肩を切り取りたいくらいに思っているのに"男の勲章だと思いなさい"って言われてしまうことも。 こんな勲章、いりません。

そんな私を見てK・Y様に助け舟を出していただきました。
大切に使わせていただきます。

ありがとうございます。

2013年02月19日09時14分14秒0001.jpg

2013年2月18日

昨日、開催された愛知県歯科医学大会に行ってきました。
併設された中部日本デンタルショーは、いつものように多くの歯科関係者で賑わっていました。

私も歯内療法関係の機材や、審美修復に使用するハイブリットレジンなどを手にし、メーカーの担当者から詳しい説明を聞くことができ、より深く理解することができました。

ルーペの展示場は人でいっぱいでしたがマイクロスコープは関心が薄れてきたのか人影が少なかったように思えました。

この大会は1年に1回開催されますが来年はどのような新しい製品、情報が得られるか楽しみです。

2013年2月 2日

左下の第2大臼歯のインレー(金属の詰め物)が取れたため再治療になりました。

カリエス(むし歯)はなく、インレーをつけていたセメントが溶けたため取れたと思います。
残っているセメントを除去しながら新鮮な歯質を出すため、磨く程度に歯を削り、エナメル質を接着力アップのため酸で処理した後、接着剤を塗ります。

歯に唾液が触れると接着力が低下するため、ラバーダム防湿をして治療は行います。

充填はレイヤリングテクニック(マルチシェードテクニックとも積層充填ともいいます)により色の異なるコンポジットレジンを数層詰めて色と形を再現していきます。この症例の場合は3色を使用しました。使用するコンポジットレジンはナノフィラーコンポジットレジンで高い強度と耐久性そして自然な仕上がりが得られ、強い力のかかる臼歯部にも使用できます。

コンポレジン充填後は形態に注意しながら滑沢になるように研磨しました。

治療前
{001886-20130201[00](0)}C.JPG

治療後
{001886-20130201[00](1)}C.JPG

« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
一壺歯科医院 院長 伊藤茂基

一壺歯科医院
院長 伊藤茂基

【経歴】
1979年 愛知学院大学歯学部卒業
東京自由が丘の歯科医院を経て、沖縄の無歯科医村(東村)診療所勤務。
1986年 名古屋市中区にて開業

【所属学会ほか】
日本歯周病学会会員
日本接着歯学会会員
日本歯内療法学会会員
中区歯科医師会

JCPG(日本臨床歯周療法集談会)会員
JIADSクラブ会員

藤本順平先生 補綴・咬合コース
阿部晴彦先生 総義歯コース
JIADS ぺリオコース
   再生療法コース
   3iインプラントコース
Dr. Rudolf Slavicek オーストラリア咬合学セミナー
Dr. Jan Lindhe ぺリオコース
エムドゲイン ゲル講習会
岡本浩先生
   ぺリオコース
   ぺリオ.アドバンスコース
カリオロジーコース
東京医科歯科大学 ブローネマルクインプラント講習会
石井歯内療法研修会セミナー
石井歯内療法研修会ハンズオン
第9回世界歯内療法会議
フッ素セミナー(東京歯科大学 衛生学講座教授 眞木吉信先生)

※記載の症例の治療費用に関してはホームページの料金表をご覧ください。 ※記載の症例はあくまでも患者様固有の症例ですので、実際には患者様によって治療期間や、治療法など個人差がございます。

一壺歯科医院
http://www.icco-d.com/

採用情報

採用情報