2018年2月15日 « トップへ » 2018年3月13日

2018年2月26日

歯が割れた、歯根のヒビ、歯根破折でお悩みの方へ

歯根破折でお悩みの方へ当院へのお問い合わせで特に多いのが、「歯が割れた」「歯根のヒビで抜歯といわれた」などといった歯の破折に関するご相談です。歯の破折は、一般的な治療では抜歯となることが多く、歯を失う原因として歯周病、むし歯に次ぐ多さとなっています。
しかし、歯根破折の診断を受け、他院で抜歯と言われた患者さんの中には、「どうしても歯を残したい」と強く望まれている方も多くいらっしゃいます。そして、少しでも残せる可能性があるのなら...と、当院にたどり着かれるのです。

歯の破折には、歯冠の破折と歯根の破折があります。歯冠の破折は転倒や交通事故などで歯に強い力が加わった時に起きやすく、治療が可能の場合が多くあります。
一方、歯根の破折は歯に加わった強い力の他に、根管内の過剰な削除や根管治療時の側方への圧力、そして、修復処置に伴うポストの設置なども原因として考えられます。歯根破折は歯槽骨(骨)の中で起きるために治療は非常に難しく、一般的に抜歯と診断されるケースが多いのです。

歯根破折の早期発見に努めています

はマイクロスコープ当院ではマイクロスコープを使用して、歯のヒビの早期発見、早期治療に努めています。歯根破折と診断された歯に対しては、スーパーボンドC&B(歯科用接着材)を使用した接着治療を行うことがあります。しかし、接着治療については充分な研究や長期にわたる治療報告がされているとは言えず、治療後早い時期に再治療となるケースも考えられます。そのため、当院ではリスクをご理解いただいたうえで「どうしても破折した歯を残したい」というご希望がある場合に限り、接着治療を行っています。

歯根破折も早期発見できれば、歯を残せる可能性が高まります。ぜひ歯科の定期検診を受け、歯を大切にしていただきたいと願っています。

歯根破折の症状

次のような症状がありますが、まったく無症状の場合もありますので、注意が必要です。
・咬むと痛い
・歯ぐきが腫れる
・歯ぐきにニキビのようなものが出来ている
・差し歯が取れやすい
・歯に違和感がある
・根管治療を受けてもなかなか良くならない
・歯がグラグラする

垂直性歯根破折の接着・再植について

歯根破折の中でも、歯にとって最も致命的といわれるのが垂直性歯根破折です。初期の垂直性歯根破折では症状を伴わない場合もありますが、歯根破折が進行するにつれ、咬合痛や歯肉の膨張、歯の動揺などの症状が現れます。

垂直性歯根破折の治療の第一選択は抜歯や破折している歯根の抜根となりますが、我が国では歯科用接着材を使用した接着治療がごくわずかの歯科医院で行われています。当院でもスーパーボンドC&Bによる接着治療で修復を試みることがあります。しかし前述通り再治療の可能性があり、万全の治療とは言えないため、患者さんのご希望がある場合に限り接着治療を行います。

接着治療
スーパーボンドC&Bを使った接着治療の一例


2018年2月15日 « トップへ » 2018年3月13日


コールバック予約