2015年7月 « トップへ » 2016年4月

2015年9月18日

保険治療の違いと、質の高い治療(清須市在住 50歳代)

患者さん治療のご感想を、一言お願いします。

一向に改善しない奥歯の治療に悩んでこちらにたどり着いて早2年、無事に治療を終えることができ、先生を始め皆様には感謝しております。ありがとうございます。自分が無知なせいで奥歯は無くすことになりましたが、先生の丁寧な治療で毎回安心して治療を受けることができました。今まで受けてきた(保険)治療との違いに驚き先生の質の高い治療を受けてのあっという間の2年でした。もう他には行けませんのでこれからもよろしくお願いいたします。ありがとうございます。

治療をこれから始める方々へのメッセージをお願いいたします。

歯医者は誰でもいやですが、早めの治療と定期的なメンテナンス 昔の私に言ってやりたいです。

2015年9月17日

世にも得がたい出会い(愛知郡東郷町在住 40代)

患者さんの声治療のご感想を、一言お願いします。

この度は、心より厚くお礼申し上げます。思えばこちらに伺う直前、地元エリアの歯科でCTを撮った際の説明で「見えない程度のヒビがある。スポーツ選手は皆そうです。私なんてキュウリで痛む事もあります。では痛みが増してきたら抜きましょう。」と言われ爆発し、皮肉にもそれが起爆剤となり「栄.根管治療」のワード検索で一壺歯科に出会えました。
治療に入ってからは何をおいてもまず、コンセプトに裏打ちされた院長の圧倒的な存在感とパフォーマンス、常にクールでスマートにアシストなさる衛生士さん、そして治療の進捗説明と共にメンタル面までも温かくサポートして下さる奥様に毎回深く感じ入っておりました。当初は「抜くことになったらどうしよう」が最大の懸念でしたが、気がつけば「よその歯科に行けと言われたらどうしよう」に変化しておりました。
世にも得がたい出会いに恵まれた事を感謝しつつ、今後も一壺歯科を訪ねる楽しみが増えました。今後ともよろしくお願い申し上げます。


治療をこれから始める方々へのメッセージをお願いいたします。

私は以前、天白区の歯科でマイクロスコープ治療を経験しており、今回は同じ箇所を一壺歯科にてやり直して頂きました。あちこちの歯科を彷徨い、歯科難民と化した患者にとっての第一歩は最高のドクターと出会うこと。しかしこれが宝クジを当てる以上に難しい。情報過多は環境にあって、私達は「歯」1つ取ってもネット、書籍、口コミを無条件に認めてしまい、案外そこにリスクが潜んでいる気がします。だからこそ一壺歯科HP内「治療に対する基本的な考え方」を一読して頂きたい。院長は単なる機械系エンジニア的なアプローチに終始しません。五感を駆使して、無言のうちに発する歯の叫びにとことん付き合って下さる。それは最先端のメソッド以上の院長の流儀なのだ(と私は秘かに思っています。)それこそが根本解決の鍵の1つなのかも知れない!(と勝手に思っています。)
最後に、一壺歯科に辿り着いた方は、運に恵まれています!


2015年7月 « トップへ » 2016年4月


コールバック予約