2012年5月15日 « トップへ » 2012年10月 4日

2012年5月16日

マイクロスコープ

マイクロスコープマイクロスコープとは、歯を強拡大してみることの出来る実体顕微鏡のことで、医科の分野では、1920年代から使用され始め、耳鼻咽喉科、眼科、脳神経外科、血管外科、整形外科等の分野で使用されています。歯科の分野では、歴史は浅く1990年代に入ってから主に根管治療の領域において用いられるようになりました。現在では歯周外科、修復、補綴処置等で使用され、Minimal Intervention(健全歯質を可及的に残そうとする考え方)にも貢献しています。

マイクロスコープを使用することにより暗くて狭い環境にある歯を"光"と"拡大"により見ることができ、より高度で正確な診断、治療が可能です。

マイクロスコープ

以前、根管治療では根管内を見ることができないため、歯根破折の診査、根管口の探索、根管内異物除去、穿孔処置などは指先の感覚や経験に頼る事が多かったのですが、マイクロスコープを使用することで根管内を見て診査や治療ができるため正確な診療が可能となります。

また、マイクロスコープは歯石やプラーク、セメントの取り残しのチェックや修復物の適合状態のチェックにも威力を発揮します。

ルーペ(テレスコープ)

ルーペルーペとは歯を拡大してみる虫メガネのような歯科用拡大鏡で、倍率は大体2.0~3.5倍で使用されています。
倍率が低いため視野がマイクロスコープより広くなり、バランスを見ながら治療するのにむいていて、歯科の治療全般に使用します。

マイクロスコープとルーペの併用

マイクロスコープとルーペ当院では、Carl Zeiss社製マイクロスコープとSurgiTel社製ルーペを状況に応じて使用し正確な診断と治療を行っています。


2012年5月15日 « トップへ » 2012年10月 4日


コールバック予約