トップへ » 院長紹介・経歴 » 患者さんと向き合うために白衣は着ません

患者さんと向き合うために白衣は着ません

院長治療に来られる患者さんはみな、緊張しています。そんな患者さんの前で白衣を着ていると、緊張感が高まり、表情が堅くなってしまいます。それに患者さんと私との間に、微妙な距離感が生まれてしまうような気がするんです。

患者さんと同じ目線に立ち、診察室内が軟らかい雰囲気になれば、緊張せずに治療を受けていただけると思います。

歯科医師の立場ではなく、一人の人間として接していますので、院内はいつも笑い声で溢れているんです。患者さんにとってリラックスした環境を作っていますので、安心して治療を受けていただきたいと思います。


トップへ » 院長紹介・経歴 » 患者さんと向き合うために白衣は着ません


コールバック予約