トップへ » 院長紹介・経歴 » 歯科医を目指した理由

歯科医を目指した理由

歯科医を目指した理由開院以来心がけていることは、最善の歯科治療をすることです。そのために、よい歯科材料を使い、優秀な技工士と連携しながら、これまでに治療困難と思われる多くの症例を治してきました。

そもそも、私が歯医者になろうと思ったのは、幼いころから歯が悪かったからなんです。歯を削る時のキーンという音、消毒薬の独特なニオイ、治療中の痛み......歯医者さんに行くたびに、イヤな思いばかりしていました。

両親からの勧めもあり歯学部に進学しましたが、幼いときの想い出はずっと頭の中から離れませんでした。きっと、あのときの体験があったから、患者さんが不安になる気持ちが理解できるんでしょうね。

開院してからは、歯学部時代の同級生や、他院の歯科医師、歯科衛生士の方々も多く来院されます。ありがたいことですね。


トップへ » 院長紹介・経歴 » 歯科医を目指した理由


コールバック予約