トップへ » 院長紹介・経歴 » 技工士の症例 » 調整の少ないクラウンを目指して (その1)

調整の少ないクラウンを目指して (その1)

はじめに
症例技工学校在籍中に初めてセットされたクラウンは、口腔内でバサバサ削られて咬合面形態が無くなってしまいました。歯科医師の先生と話し合い「調整の少ないクラウンを作ろう」ということになり、そこから挑戦が始まりました。模型の作り方、トリミングの方法、フィットの仕方などの研究を始めました。9ヶ月後には殆んど調整のいらないクラウンができるようになりました。2年生(昭和51年9月)のときに火曜会の勉強会(歯科医師向け)で、無調整ウクラウンの発表をしました。その時に、クラウンの内面にシリコンを入れて適合状態を調べていました。その後GCからフィットチェッカーとバイトチェッカーが発売になりました。
咬合調整をするということは、顎位が変わってしまうことにつながります。顎位を変えないためには無調整でセットできるクラウンが必要であると考えています。右上の写真は無調整でセットされたクラウンです。4か月後の状態ですが、ファセットはどこにもできていません。コンタクトに関しては、対合歯によってもずいぶんと変わるので、ある程度の調整が必要になることがあります。このような仕事が常にできることを、私のラボの目標にしています。日常の技工作業を、工程を追って説明いたしますので、参考になれば幸いです。

模型作り
症例歯科医院から預かった石膏模型は除菌のために、電解アルカリ水(右の写真)や塩素系除菌剤スプレー(ぺリオプラスなど)をかけます。これらの処理剤はタンパク質を分解することで菌や付着したダニなどを殺します。その後、70℃で90分間保温します。

症例保温には、価格が安いので家庭用の食器乾燥器を利用しています。この機種では温風の吹き出し口の温度が90℃以上になるので、ブリキ缶のふたを置いて熱風が直接当たらないようにしています。また、乾燥器のふたを少し開けて庫内の温度を調節しています。

症例石膏は75℃以上に加熱するともろくなったり、変形を起こしたりするので注意が必要です。この保温器のタイマーは45分間なので2回連続で使います。要は乾けばよいのでほかの方法でも良いですが、保温する場合は70℃以上ならないようにしてください。

症例ワックスやシリコンのバイト、シリコン印象、インプラントの部品などは、歯科医院で使われている塩素系徐菌剤(医療用ハイターやキッチンハイターなど)を薄めた溶液に30分から1時間浸けて除菌処理をします。

保温庫で乾燥した模型は室温までさまし、それに石膏表面硬化剤のアルファーコートやサンエスコートを2~3回塗布します。液は浸透しますので皮膜はできませんが、模型の温度が高いと皮膜ができることがありますので注意が必要です。防水効果はありませんが石膏は固くなります。乾燥に時間がかかるのが欠点です。急ぐ時は一回塗布し、次にラボシアノン(瞬間接着剤)を使うこともあります。表面硬化剤を2回塗布した模型です。支台歯に付着した寒天などは、瞬間接着剤と違い後から簡単に取り除くことができますので、安心して使用できます。

表面硬化剤が完全に固まったらモデルトリーマーにかけて、ピンホールを開け、回転防止溝を掘ります。ダブルフラットでプラスチックケース付きのダウエルピンを中粘度瞬接硬化型模型修復材(三金モデルリペアー)で固定します。石膏分離剤(カースーパーセップ)を塗布し、基底面とダウエルピンのまわりに超硬石膏を盛り上げて硬化させます。その後、盛り上げた石膏との接着性を高める目的で、超硬石膏にボンディングストーン(チョーワ)を少し混ぜて練和した石膏に埋め込み、模型の台をつけます。

症例右の写真のケースでは支台部分をエポキシ系模型材のロックモデル(クワタカレッジ)を使用しています。この材料は他の樹脂系模型材料(ウレタン系の製品)や石膏と比較して、印象の再現性が高く、精度も良いこと。また、硬くてマージンがチップしにくいことから、適合精度を追求するには最も適した材料であるといえます。

石膏模型で高い精度の適合を追求する場合には、分割していない歯列模型と、支台歯模型2本を使うマルチプル模型で作業することで実現することができますが、手間がかかるので10年程前からは、上記の方法で作業をしています

症例プロフィール
檜田健幸(ひのきだやすゆき)
出身地:青森県白神山地(世界遺産)
ラ ボ:東京都武蔵野市吉祥寺本町4-9-14
シティパル吉祥寺103
(有)アペックス
著 書:月刊「歯科技工」別冊Build up徹底マスター セラモメタル築盛技法の中で
「アナトミカル・シェーディング・テクニックによる多色盛」を担当
その他 著書多数


トップへ » 院長紹介・経歴 » 技工士の症例 » 調整の少ないクラウンを目指して (その1)


コールバック予約