トップへ » 院長紹介・経歴 » 技工へのこだわり

精度の高い補綴物を提供

精度の高い補綴物を提供「技工物はどの技工士さんが作っても、仕上がりは同じ」と思っているかたはいらっしゃいませんか?

予後の高い治療には、補綴物の仕上がりが大きく影響しています。削った歯に被せたときぴったり被さるものであれば、隙間から汚れや細菌が入らず、新たなむし歯に感染することはありません。

当院は開院の頃から有名歯科技工士であるアペックス所長 檜田健幸氏と連携し、非常に精度の高い補綴物を提供しています。さらに補綴物の仕上がりに影響を与えているのが印象 (歯型取り)です。きちんと印象が取れていないと狂いが生じてしまいます。

技工士は20倍の顕微鏡で作業をしています。そのため、精度の高い印象が要求されます。そこで正確な歯型を取るために、1時間半から2時間かけて印象を行い、色・形など細部にわたり、技工士さんに細かい指示を出しています。

歯科医師と技工士が連携し、細かい作業を丁寧に行いながら、精度の高い補綴物をご提供しています。

優秀な技工士と連携して作る補綴物

補綴物歯科技工士である檜田健幸氏はとても優秀な方で、色、形、精度と、どれをとっても素晴らしい仕上がりです。お口の中に入れたときに、ぴったりフィットし、多くの患者さんに喜ばれています。

通常の補綴物は、歯に被せたときの隙間は数100ミクロンあります。当院で使用している補綴物は顕微鏡で見ながら作っているので、わずか20~30ミリミクロンしかありません。出来あがった補綴物は、お口の中にぴったりフィットし、多くの患者さんに喜んでいただいています。

歯科技工士 檜田健幸氏 経歴:
1985年 有限会社アペックス 代表取締役
1996年 デンタルラボアヴァンティー 歯科技工顧問
1988年 パナヘラウスインストラクター
1999年 クワタデンタルソサエティ理事
2001年 ATDジャパン公認講師
      Dental Design Office Dental 歯科技工顧問
論文・講演多数

関連ページリンク

■根管治療
根管治療とは当院の根管治療について根管治療の基礎知識歯根破折

■当院が選ばれる理由
治療に対する基本的な考え方痛みの少ない治療予防歯科インプラントを考える前に
より高度で正確な診断、治療のために徹底した滅菌対策料金表医療費控除
甥の先生からの言葉

■院長紹介・経歴
院内ツアー技工へのこだわりアクセス・診療時間プライバシーポリシー

根管治療(歯の根の治療)など、初診相談をおこなっています

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 院長紹介・経歴 » 技工へのこだわり


コールバック予約