トップへ » 当院が選ばれる理由 » 治療に対する基本的な考え方 » 治療に対する基本的な考え方

治療に対する基本的な考え方

コンセプト 
"質の高い治療の提供"

治療に対する基本的な考え方治療に対する基本的な考え方
"治療の予後は技術力の高い科目によるのではなく、
低い科目により支配される"

このことは、治療技術だけでなく治療環境についても同様と考えています。


一般成人の歯科治療では、保存科、補綴科、歯周病科、口腔外科など多くの科目が密接に関わっています。そのため、不得意な科目をつくってしまうと予後はその科目のレベルとなってしまい良好な治療結果は得られなくなります。

不得意な科目をつくらないよう、当院では常に講習会や専門誌などから最新の情報や技術を得、全体のレベルアップをはかっています。

私たち臨床家は治療終了時より5年後、10年後、さらに先の状況を考えて治療しなくてはなりません。

そのために必要となるのは治療の基本技術です。基本技術がきちんとなされないと一見、治療結果が同じように見えてもその治療内容はまったく異なったものとなり、治療効果を長く持続させることなどできなくなります。

しかし、基本技術をきちんと行いながら治療をしていくとどうしても時間が必要で、1日4名程の治療が限界となり、現在の健康保険制度での治療はできなくなります。

私たち臨床家は常に最新の治療法、治療技術を知っておく必要はありますが、それに振り回されることのないよう注意が必要です。

当院に治療にいらっしゃる方には臨床でその効果が確認された治療法、治療技術をご提案したいと思います。それには、数年間の臨床報告の検討が必要となりますが、予知性の高い治療が可能となります。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 治療に対する基本的な考え方 » 治療に対する基本的な考え方


コールバック予約