トップへ » 当院が選ばれる理由 » 徹底した滅菌対策

診療室の清掃について

滅菌対策歯の病気を治すことは歯科医師の重要な仕事です。さらに患者さんのお口の中を清潔に保つことも重要な仕事の一部になっています。もし、診察室の中が汚れていれば、それがもとで、患者さんに感染させしてしまうかもしれません。

衛生的で安全な治療を行うためにも、診察室は常に清潔であるべきだと考えます。当院では院内の清掃は院長が担当し、チェアーやユニットの状態をチェックしています。その後、歯科衛生士が薬液でチェアーやユニットなどを消毒し、清潔な環境を作っています

タービン類は治療が終わるごとに高温滅菌

滅菌対策タービン類は患者さんのお口の中に直接入れるもの。唾液や血液に触れると細菌がつくため、感染源となってしまいます。

当院ではタービン類などの治療器具は、治療が終わるごとに殺菌して患者さんごとに滅菌された治療器具を使用しています。

オートクレーブ「Lisa」 世界で最も厳しい基準をクリア

滅菌対策当院のオートクレーブはイタリアW&H社製の「Lisa(リサ)」を使用しています。「Lisa」は小型滅菌器のヨーロッパ基準(EN13060)で、世界で最も厳しい基準をクリアした高性能のオートクレーブです。当院では治療器具の内部や細部まで滅菌するために「Lisa」を導入しました。

歯科治療器具の消毒について

グローブは患者さんごとに交換

滅菌対策診察中に使用した手袋は、患者さんごとに、新しいものと取り換えています。歯科医師は指先の感覚が重要なため、治療内容により2種類のグローブを使い分けています。

使い捨てができるディスポーザブル製品

滅菌対策コップ、エプロン、ヘッドレストカバーなど使い捨てができる物は、ディスポーザブル製品を使用しています。また治療に使用したすべてのインスツルメントはオートクレーブあるいは、薬液により滅菌して収納しています。

印象は消毒してから技工士に送る

印象は消毒してから技工士に送る補綴物を製作するために、院外の歯科技工士さんに印象を送ります。しかし印象には患者さんの唾液や血液が付着しています。

このままでは歯科技工士さんが付着物により感染を起こしかねません。そこで当医院では大阪大学大学院の江草宏助教にご指導いただき、印象の消毒を行った上で技工士さんに依頼しています。


印象採得体の消毒について

関連ページリンク

■根管治療
根管治療とは当院の根管治療について根管治療の基礎知識歯根破折

■当院が選ばれる理由
治療に対する基本的な考え方痛みの少ない治療予防歯科インプラントを考える前に
より高度で正確な診断、治療のために徹底した滅菌対策料金表医療費控除
甥の先生からの言葉

■院長紹介・経歴
院内ツアー技工へのこだわりアクセス・診療時間プライバシーポリシー

根管治療(歯の根の治療)など、初診相談をおこなっています

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 徹底した滅菌対策


コールバック予約