トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みの少ない治療

痛みの少ない治療

痛みのない治療「歯医者さんが怖い」
「診察中は緊張してしまい手が汗ばんでしまう」
こんな方はいらっしゃいませんか?

当院では痛み対策を行っていますので、治療中の痛みがほとんどありません。たとえば麻酔のための表面麻酔など、様々な工夫をしています。

患者さんの中には治療中に眠ってしまうかたもいるほどで、「いままで歯医者さんが嫌いだったけど、先生の治療を受けてから好きになりました」とおっしゃっていただくことがあります。当院の治療なら、「歯医者さんは怖い」というイメージが、きっとガラリと変わることでしょう。

痛くない麻酔注射

痛くない麻酔注射患者さんとお話していると、「麻酔注射は痛くてあたりまえ」と思っている方が意外に多いようです。通常、麻酔注射を行うときの痛みは、針を刺したときと、麻酔液を注入するときに起きます。このとき丁寧に行えば問題ないのですが、早く注入したりするため、患者さんに苦痛を与えてしまうのです。

当院の麻酔注射は表面麻酔や院長の経験に基づく、痛くない麻酔です。さらに麻酔液の温度も重要で人肌に温めたものを使います。そして、ゆっくりと丁寧に麻酔液を注入しますので、麻酔をする時の痛みがほとんどありません。

表面麻酔が痛みをなくす
麻酔針をさしたときの痛みは誰でも嫌なもの。当院では麻酔前の"表面麻酔"を行い、針を刺したときの痛みを取り除いています。

表面麻酔は麻酔注射の痛みをなくすための麻酔で、歯肉の粘膜に麻酔薬を塗り感覚を麻痺させます。その後、麻酔針を刺しますので、チクっとした痛みを感じることがありません。

痛みのない麻酔注射
麻酔液を注入するときに伴う痛みは、液を入れるときの速度が影響しています。一定の速度でゆっくりと注入していけば、患者さんに痛みを与えることはありません。

当院では院長の経験に基づいた痛みのない麻酔注射を行っています。もちろん、注入速度をコントロール。麻酔液が一定の速度で入っていきますので、痛みや不快感を覚えることがほとんどありません。

人肌に温めた麻酔液を使用
痛みのない麻酔注射には麻酔液の温度も重要で、液が冷たいと痛みを伴います。当院では温めた麻酔液を使用していますので、薬を注入したときの痛みや不快感がほとんどありません。

関連ページリンク

■根管治療
根管治療とは当院の根管治療について根管治療の基礎知識歯根破折

■当院が選ばれる理由
治療に対する基本的な考え方痛みの少ない治療予防歯科インプラントを考える前に
より高度で正確な診断、治療のために徹底した滅菌対策料金表医療費控除
甥の先生からの言葉

■院長紹介・経歴
院内ツアー技工へのこだわりアクセス・診療時間プライバシーポリシー

根管治療(歯の根の治療)など、初診相談をおこなっています

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛みの少ない治療


コールバック予約