トップへ » 根管治療 » 根管治療の基礎知識 » 根管治療が必要になる歯の根の病気【根尖性歯周炎】

根管治療が必要になる歯の根の病気【根尖性歯周炎】

根管内の歯髄が壊死して細菌に感染すると、根管内で細菌が増殖して感染が進行していきます。やがて歯根の先端にある血管などが入ってくる孔(根尖孔)から歯周組織へ細菌が出る事により感染がさらに拡大します。その結果、歯根の先端に炎症が起きて「根尖性歯周炎」が起きるのです。

病気が進むと、歯根から広がった炎症によって歯槽骨(歯を支える顎の骨)が破壊され、歯槽骨の内部に膿が溜まります。そのため、激しい痛みが生じて歯肉や顎が腫れてしまいます。場合によっては溜まった膿が歯肉から出てくることもあります。

根尖性歯周炎の治療法
原因となっている歯の内部で細菌感染した歯髄や象牙質を取り除く感染根管治療を行います。治療の際は、細菌が含まれる唾液が根管の中に侵入しないように患歯を隔離して治療することが重要となります。根管治療でも治癒が認められない場合は、患部を外科的に処置する外科的歯内療法を行います。


トップへ » 根管治療 » 根管治療の基礎知識 » 根管治療が必要になる歯の根の病気【根尖性歯周炎】


コールバック予約