トップへ » 根管治療 » 根管治療の基礎知識 » 知っておきたい根管治療の知識

知っておきたい根管治療の知識

根管治療には、症状によって次のような種類があります。一般的に根管治療と呼ばれているものは、抜髄・感染根管治療・再根管治療です。また神経を残す治療として生活歯髄療法というものもあります。

抜髄根管治療の知識
歯髄(歯の中の神経や血管を含む組織)をすべて除去することで、痛みや炎症を抑える治療です。むし歯の原因菌による歯髄への感染、また外傷や温熱刺激で、歯髄炎と呼ばれるズキズキとした歯痛が起こります。一度歯髄炎になってしまうと元の健康な歯髄に戻ることは難しく、放置すれば歯髄は壊死し、腐敗してしまいます。この炎症を起こした歯髄を取り除く治療を抜髄と呼びます。

感染根管治療根管治療の知識
歯の中の汚染物質(感染した歯髄や象牙質)を取り除いてきれいにする治療です。治療をせずに鎮痛剤で痛みをごまかしていたり、被せ物が取れたまま放置していると、歯の内部の歯髄は徐々に反応が弱くなり、最終的には壊死します。歯髄が壊死すると痛みはなくなりますが、そのまま放置すると感染した細菌が繁殖して、やがて歯を支える歯根のまわりの骨がなくなり膿がたまります。これが根尖性歯周炎と呼ばれるもので、進行すると耐え難い痛みと腫れを伴います。そのような根管内の感染物質を取り除く治療を感染根管治療と呼びます。

再根管治療
過去に根管治療を受けた歯の違和感が消えず、痛みや腫れが再発して治療した歯の歯肉から膿が出ることがあります。これは、根管中の汚れの取り残しや根管充填が不十分な場合や、被せ物がぴったり合っていないために隙間からの細菌感染が原因として考えらます。治療では、以前詰めた充填剤を除去して、根管内の清掃、消毒を行い、再び根管充填するのが再根管治療です。ただし再根管治療は、根管の形態が非常に複雑なため感染源の除去が困難なことや、本来の根管の形態が損なわれていることもあり、最初の治療と比較して成功率が低くなると言われています。当院では、マイクロスコープで根管内を直接確認しながら、ていねいに清掃、消毒することで成功率を高めています。

生活歯髄療法
生活歯髄療法は、歯髄の保存を目的とした治療で、歯髄が露出するのを防ぐことや、露出した歯髄を最大限に保存する治療法です。


トップへ » 根管治療 » 根管治療の基礎知識 » 知っておきたい根管治療の知識


コールバック予約