トップへ » 根管治療 » 当院の根管治療について » 難症例にも対応した歯を残す治療を実践しています

難症例にも対応した歯を残す治療を実践しています

難症例にも対応した歯を残す治療を実践しています当院では、マイクロスコープを使った精密な根管治療を行っています。歯の根の奥深くまで感染し、残すリスクの高いケースでも、当院の根管治療で歯を抜かずに守れる可能性があります。

当院には、他院で「抜歯してインプラントにしましょう」「破折していて歯は残せない」と言われた患者さんが多く相談に来られます。しかし、当院の根管治療によって抜歯を回避して、歯を残すことができたケースが数多くあります。安易に抜歯を選ばず、本当に歯が残せないのかどうか、もう一度、考え直していただくことを望みます。

根の治療をしたはずなのに痛みが残っていませんか?
根管治療を受けたのに痛みが取れない、歯ぐきの腫れがなくならないなどの理由で来院される患者さんも少なくありません。根管治療は、家に例えると土台となる部分の工事です。土台が脆いと、どんなに立派な建物でも壁にヒビが入ったり立て付けが悪くなったりするのと同じように、歯の根の治療をしっかり行わないと、どんなに品質の高い素材の被せ物や詰め物をしても、再び痛みがでたり、歯ぐきが腫れてくる可能性があるのです。


トップへ » 根管治療 » 当院の根管治療について » 難症例にも対応した歯を残す治療を実践しています


コールバック予約