トップへ » 根管治療 » 当院の根管治療について » 手間やコストも惜しまないディスポーザブル器具の使用

手間やコストも惜しまないディスポーザブル器具の使用

ディスポーザブル器具の使用感染対策を徹底するために、器具に付着した細菌や歯質・タンパクなどの異物を根管内に混入させないよう、できる限り器具をディスポーザブル(使い捨て)にしています。また、バーやタービン類などの器具はすべてクラスB高圧蒸気滅菌器で滅菌を行い、万全の感染対策を行っています。

滅菌対策について

ファイル
根管内に挿入して使う、Kファイル、Hファイル、C+ファイルと呼ばれる器具は、未使用の滅菌されたものを使用します。一度使用したファイルは毎回廃棄していますので、他の患者さんにこれらの使用済みファイルを使うことはありません。

滅菌済みバー
髄腔をあける(歯を削る)際は、高圧蒸気滅菌器で滅菌処理したディスポーザブルのバーを使用します。

滅菌済みペーパーポイント
紙材質で出来た針のようなもので、根管内の乾燥に使用します。もちろん使用後は廃棄します。


トップへ » 根管治療 » 当院の根管治療について » 手間やコストも惜しまないディスポーザブル器具の使用


コールバック予約