トップへ » 根管治療 » 根管治療とは » 根管治療を受ける方、必要といわれた方へ

根管治療を受ける方、必要といわれた方へ

根管治療を受ける方、必要といわれた方へ「疲れてくると鈍い痛みがある」「歯ぐきが腫れて痛い」こんな症状でお困りの方はいらっしゃいませんか?

このような症状は、むし歯が歯髄(歯の神経や血管を含む組織)まで進行して、歯髄が細菌に感染したために炎症をおこしている場合や、すでに歯髄のない歯根まで感染が進み、歯根の先が化膿していることが考えられます。炎症や感染をそのまま放置しておくと、歯が痛むだけでなく、歯を支える骨にまで炎症が大きく広がり、場合によっては歯を抜かなければならなくなってしまいます。

根管治療とは、これらの症状を改善し歯を抜かないで残すための治療で、歯内療法とも呼ばれています。当院では、基本を重視した丁寧な根管治療を行っておりますので、ご安心ください。

根管治療では、感染した歯髄の除去(抜髄)を行い、汚れた根管を丁寧に清掃、洗浄し、再発を防ぐために根の中に薬剤を充填して根管を封鎖します。根管は非常に狭く複雑な形状をしているため、汚れを完全に除去するのは至難の業です。もし汚れの取り残しなど不十分な処置で終わらせてしまうと、感染が再発してしまいます。そのため当院では、予知性の高い根管治療を行うためにエビデンスに基づいた技術や材料をとりいれて治療を行っております。

歯を抜かないで残すためにぜひ、多くの方に、根管治療について正しい知識を持っていただきたいと願っています。

根管治療の基礎知識について


トップへ » 根管治療 » 根管治療とは » 根管治療を受ける方、必要といわれた方へ


コールバック予約