トップへ » 根管治療 » 根管治療とは » 世界に比べて遅れている日本の根管治療【根管治療の再治療が多い理由】

世界に比べて遅れている日本の根管治療【根管治療の再治療が多い理由】

世界に比べて遅れている日本の根管治療日本の根管治療は、欧米と比べてかなり遅れているといわれています。歯科先進国といわれるアメリカでは90%以上の成功率を誇りますが、日本では50%以下とされているのです。どうしてこれほどの違いが生まれるのでしょうか。

歯の形態には個人差があり、根管の形態もさまざまです。さらに歯の根の中は細くて暗いため、肉眼で見ることは困難です。その為、マイクロスコープと呼ばれる歯科用手術顕微鏡を使った精度の高い治療が必要になります。アメリカではマイクロスコープを使った根管治療が多く行われていますが、日本ではマイクロスコープを使う歯科医師はまだ多くはありません。

また、治療中に根の中に細菌を含む唾液が入ると再感染してしまうため、アメリカではラバーダムというゴム製のシートで治療する歯(患歯)と口腔内を隔離します。このように唾液の侵入を防いだ状態をラバーダム防湿といいます。しかし日本ではラバーダム防湿があまり普及していません。

さらに自費診療で行われるアメリカでの根管治療は、治療に必要な時間をかけることができますが、日本では十分な時間をかけられず、その結果、再治療を招く可能性が高くなってしまいます。


トップへ » 根管治療 » 根管治療とは » 世界に比べて遅れている日本の根管治療【根管治療の再治療が多い理由】


コールバック予約