トップへ » 根管治療 » 根管治療とは » 根管治療の流れ

根管治療の流れ

初診・カウンセリング
根管治療をご希望の方は、まずお悩みをお聞かせください。歯についてのご相談・受診予約を受け付けています。患者さんの歯の状態を診査・診断し、十分な時間をかけご説明いたします。

当院の治療は自費診療となりますので、治療にかかる費用や時間などについても、何でも遠慮せずにご質問ください。納得して治療を受けていただけるように、ご説明いたします。

お問い合わせフォームはこちら

次へ
根管形成、化学的根管洗浄
患部に麻酔を充分に効かせ、炎症を起こした歯髄を除去(抜髄)します。ファイルという治療器具を使い、歯髄を取り除きながら根管を拡大・形成し、根管内の清掃を行います。次に根管の中に薬を入れた状態で超音波の振動により化学的な洗浄を行います。

次へ
根管内貼薬
感染が疑われる根管に貼薬することで細菌数を減少させます。

次へ
根管充填
根管内が無菌化し歯根の周囲の炎症が治まったら、根管の中を隙間なく専用のシーリング材を用いて封鎖します。これを根管充填と呼びます。

次へ
支台築造(土台を立てる)
大きなむし歯により、ほとんど歯根だけになった場合は、土台(支台築造)をつくり、その上に被せ物を装着します。土台の材料には親和性の高い貴金属を使用したメタルコアや、金属アレルギーの心配がないファイバーレジンコアなどがあります。

次へ
補綴(被せ物セット)
支台の周りをきれいに削り整えてから型取りを行い、それに合った被せ物を実体顕微鏡下で作成します。被せ物の咬み合わせを微調整し、高品質のセメントで接着して治療を完了します。

根管治療は中断したまま放置しておくと根管内の細菌がどんどん増えて病巣が大きくなり、やがて取り返しのつかない事態になりかねません。最後まできちんと治療を受けることが大切です。


トップへ » 根管治療 » 根管治療とは » 根管治療の流れ


コールバック予約