トップへ » 根管治療 » 根管治療とは

根管治療を受ける方、必要といわれた方へ

根管治療を受ける方、必要といわれた方へ「疲れてくると鈍い痛みがある」「歯ぐきが腫れて痛い」こんな症状でお困りの方はいらっしゃいませんか?

このような症状は、むし歯が歯髄(歯の神経や血管を含む組織)まで進行して、歯髄が細菌に感染したために炎症をおこしている場合や、すでに歯髄のない歯根まで感染が進み、歯根の先が化膿していることが考えられます。炎症や感染をそのまま放置しておくと、歯が痛むだけでなく、歯を支える骨にまで炎症が大きく広がり、場合によっては歯を抜かなければならなくなってしまいます。

根管治療とは、これらの症状を改善し歯を抜かないで残すための治療で、歯内療法とも呼ばれています。当院では、基本を重視した丁寧な根管治療を行っておりますので、ご安心ください。

根管治療では、感染した歯髄の除去(抜髄)を行い、汚れた根管を丁寧に清掃、洗浄し、再発を防ぐために根の中に薬剤を充填して根管を封鎖します。根管は非常に狭く複雑な形状をしているため、汚れを完全に除去するのは至難の業です。もし汚れの取り残しなど不十分な処置で終わらせてしまうと、感染が再発してしまいます。そのため当院では、予知性の高い根管治療を行うためにエビデンスに基づいた技術や材料をとりいれて治療を行っております。

歯を抜かないで残すためにぜひ、多くの方に、根管治療について正しい知識を持っていただきたいと願っています。

根管治療の基礎知識について

世界に比べて遅れている日本の根管治療【根管治療の再治療が多い理由】

世界に比べて遅れている日本の根管治療日本の根管治療は、欧米と比べてかなり遅れているといわれています。歯科先進国といわれるアメリカでは90%以上の成功率を誇りますが、日本では50%以下とされているのです。どうしてこれほどの違いが生まれるのでしょうか。

歯の形態には個人差があり、根管の形態もさまざまです。さらに歯の根の中は細くて暗いため、肉眼で見ることは困難です。その為、マイクロスコープと呼ばれる歯科用手術顕微鏡を使った精度の高い治療が必要になります。アメリカではマイクロスコープを使った根管治療が多く行われていますが、日本ではマイクロスコープを使う歯科医師はまだ多くはありません。

また、治療中に根の中に細菌を含む唾液が入ると再感染してしまうため、アメリカではラバーダムというゴム製のシートで治療する歯(患歯)と口腔内を隔離します。このように唾液の侵入を防いだ状態をラバーダム防湿といいます。しかし日本ではラバーダム防湿があまり普及していません。

さらに自費診療で行われるアメリカでの根管治療は、治療に必要な時間をかけることができますが、日本では十分な時間をかけられず、その結果、再治療を招く可能性が高くなってしまいます。

アメリカでの根管治療に準じた精度の高い治療

アメリカでの根管治療に準じた精度の高い治療当院では、開業当初より行っているラバーダム防湿による無菌的治療環境下での治療に加え、マイクロスコープを使用してアメリカの治療法に近い精密な根管治療を実践しています。

当院の根管治療について

根管治療の流れ

初診・カウンセリング
根管治療をご希望の方は、まずお悩みをお聞かせください。歯についてのご相談・受診予約を受け付けています。患者さんの歯の状態を診査・診断し、十分な時間をかけご説明いたします。

当院の治療は自費診療となりますので、治療にかかる費用や時間などについても、何でも遠慮せずにご質問ください。納得して治療を受けていただけるように、ご説明いたします。

お問い合わせフォームはこちら

次へ
根管形成、化学的根管洗浄
患部に麻酔を充分に効かせ、炎症を起こした歯髄を除去(抜髄)します。ファイルという治療器具を使い、歯髄を取り除きながら根管を拡大・形成し、根管内の清掃を行います。次に根管の中に薬を入れた状態で超音波の振動により化学的な洗浄を行います。

次へ
根管内貼薬
感染が疑われる根管に貼薬することで細菌数を減少させます。

次へ
根管充填
根管内が無菌化し歯根の周囲の炎症が治まったら、根管の中を隙間なく専用のシーリング材を用いて封鎖します。これを根管充填と呼びます。

次へ
支台築造(土台を立てる)
大きなむし歯により、ほとんど歯根だけになった場合は、土台(支台築造)をつくり、その上に被せ物を装着します。土台の材料には親和性の高い貴金属を使用したメタルコアや、金属アレルギーの心配がないファイバーレジンコアなどがあります。

次へ
補綴(被せ物セット)
支台の周りをきれいに削り整えてから型取りを行い、それに合った被せ物を実体顕微鏡下で作成します。被せ物の咬み合わせを微調整し、高品質のセメントで接着して治療を完了します。

根管治療は中断したまま放置しておくと根管内の細菌がどんどん増えて病巣が大きくなり、やがて取り返しのつかない事態になりかねません。最後まできちんと治療を受けることが大切です。

関連ページリンク

■根管治療
根管治療とは当院の根管治療について根管治療の基礎知識歯根破折

■当院が選ばれる理由
治療に対する基本的な考え方痛みの少ない治療予防歯科インプラントを考える前に
より高度で正確な診断、治療のために徹底した滅菌対策料金表医療費控除
甥の先生からの言葉

■院長紹介・経歴
院内ツアー技工へのこだわりアクセス・診療時間プライバシーポリシー

根管治療(歯の根の治療)など、初診相談をおこなっています

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 根管治療 » 根管治療とは


コールバック予約